THE WORLD OF TRANSFORMERS

シリーズ開始以来、既に20年を数えるトランスフォーマーズ。その間に様々な種類のアイテムが登場し、その世界観も多様化してきました。
このページではそれらをシリーズ別に分けて紹介して行こうと思います。
 

GENERATION 1

ダイアクロン・カーロボットとミクロチェンジシリーズから誕生した最初のシリーズ。
'86年度からは新規開発の商品が主流となり、
多種多様なギミックを備えたアイテムが数多く発売されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
1984年度 1984年度
1985年度 1985年度
1986年度 1986年度
1987年度 1987年度
1988年度 1988年度
1989年度 1989年度
1990年度 1990年度




EU TRANSFORMERS

一旦終了した米国での展開の後を受けて、英国を始めとするヨーロッパ圏内で発売されたシリーズです。
当初は日本版オリジナル玩具の流用と旧製品の再販、米国版末期のアクションマスターの新規アイテムで構成されておりましたが、
その後はビークルへの変形という、原点に立ち返った新規商品が発売されました。
後期には両軍のシンボルマークを一新し、次のジェネレーション2への橋渡しの役も果たしています。

AUTOBOTS DECEPTICONS
1991年度 1991年度
1992年度 1992年度
1993年度 1993年度




GENERATION 2

2年のブランクを経て復活した新シリーズ。初期は旧製品と欧州版の後期アイテムの仕様変更版のみで、
新規アイテムは1点のみでしたが、'94年度からは初の関節可動という新機軸を盛り込み、
その後のシリーズにも生かされております。

AUTOBOTS DECEPTICONS
1993年度 1993年度
1994年度 1994年度
1995年度 1995年度




BEASTWARS

それまでのビークルから一転して、リアルな動物に変形するという大胆な路線変更が行われ、シリーズに新風を吹き込みました。
日本でもこの路線は受け入れられ、大ヒットとなりました。

MAXIMALS PREDACONS
1996年度 1996年度
1997年度 1997年度
1998年度 1998年度
1999年度 1999年度




BEAST MACHINES

前シリーズのビースト対ビーストから、有機ロボットと呼ぶべきテクノオーガニック対ビークルTFへと方針を転換したシリーズです。
後期には"BATTLE FOR THE SPARK"という副題が追加されました。
日本では、2005年にTV登場キャラクターのみがトイザらスで限定販売されました。

MAXIMALS VEHICONS
2000-2001年 2000-2001年




ROBOTS IN DISGUISE

前年度に日本オリジナルで展開していた「カーロボット」を輸入する形で開始したシリーズ。
それまでの世界観とは異なるパラレルワールドとして扱われ、
マシーンズでの未発売アイテムなども交えた展開となりました。
また、このシリーズから両軍のシンボルが以前のものに戻っています。

AUTOBOTS PREDACONS
DECEPTICONS
2002-2003年 2002-2003年




UNIVERSE

ユニクロンが自らの復活のため、各世界のTFを集めて戦わせるというストーリーによる玩具オリジナルのシリーズで、
ビーストウォーズ以降の様々なアイテムが流用された他、
EU版TFや日本のみの発売だった合体マイクロマスターもラインナップに含まれています。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2003-2005年 2003-2005年




ARMADA

新たに世界観を一新し、小型TF、ミニコンとの合体によるギミック発動を特色としたシリーズです。
後期には旧シリーズで惜しくも商品化されなかったユニクロンが登場し、話題となりました。
なお、今シリーズ及びENERGONではバイオ&テックスペックが玩具に付属せず、
ハスブロのサイトでしか公開されなくなっていました。
 後期には"UNICRON BATTLES!"という副題が追加されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2003-2004年 2003-2004年




ENERGON

前作の続編として作られたシリーズで、ミニコンに代わって、
パワーリンクスと呼ばれるロボット同士の合体が最大の特徴で、
アーマダでは採用されなかった関節可動が復活しています。
  後期には"THE POWERLINX BATTLES"という副題が追加されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2004-2005年 2004-2005年




CYBERTRON

サイバープラネットキーによるギミック作動が特徴のシリーズです。
キーには4桁のサイバーコードがプリントされており、
パッケージのバイオ&テックスペック以外に隠された情報をHPで読むことが出来ました(現在は閲覧不可能)。
 後期には"PRIMUS UNLEASHED"という副題が追加されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2005-2006年 2005-2006年





BEASTWARS 10TH ANNIVERSARY

米国でのビーストウォーズ10周年を記念したシリーズです。旧製品のリカラーの他に、
新規造形のオプティマスとメガトロンが発売されました。

MAXIMALS PREDACONS
2006年 2006年





CLASSICS

旧シリーズのキャラクターのリメイクシリーズです。なお、"CLASSIC"というのは通称で、
パッケージには"TRANSFORMERS"としか記載されていません。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2006年度 2006年度





TRANSFORMERS THE MOVIE

実写映画版のシリーズです。劇中の複雑極まるデザインと変形を極力再現しており、
「オートモーフ」という連動変形ギミックが最大の特徴です。
後期には"ALLSPARK POWER"という副題が追加されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2007−2008年 2007−2008年





ANIMATED

米国主導で製作されたTVアニメシリーズの商品化です。
独特のカートゥーン調のデザインが十分に再現されています。
日本でも2010年に放映され、米国では未発売に終わったアイテムも一部販売されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2008−2009年 2008−2009年





UNIVERSE2008

2003年度版とは別に、CLASSICシリーズの路線を引き継いだリメイクシリーズです。
ENERGONやCYBERTRONシリーズからも一部流用されています。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2008−2009年 2008−2009年





REVENGE OF THE FALLEN

実写映画シリーズの第2弾です。劇中デザインの再現度が更に高まり、
ボディの一部が生物的に動作する「メックアライブ」というギミックを備えています。
後期には"HUNT for the DECEPTICONS"という副題が追加されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2009−2010年 2009−2010年





POWERCORE COMBINERS

胴体部に変形するロボットと、手足に自動変形するドローンとの合体TFです。
本体ロボとドローンとの5packセットと、本体ロボとミニコンとの2packセットが存在します。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2010−2011年 2010−2011年





REVEAL THE SHIELD

SHIELD(シークレットエンブレム)を温める事で、所属勢力が分かるようになっています。
ラインナップはクラシックラインとムービーシリーズの混在したものとなっています。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2010−2011年 2010−2011年





GENERATIONS

クラシックラインの第3弾です。G1リメイクの他に、
ゲームやIDWコミック版をモチーフとしたアイテムが多数登場しました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2010−2013年 2010−2013年





DARK OF THE MOON

実写映画三作目のシリーズです。武器が変形及び合体可能なMECH TECHと、ミニサイズのCYBERVERCE、
人間フィギュアとのセットであるHUMAN ALLIANCEの3シリーズで展開されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2011−2012年 2011−2012年





PRIME

BEAST MACHINES以来の、フルCG版TVアニメのシリーズです。
最初にFIRST EDITION、その後ROBOTS IN DISGUISEのタイトルで発売されました。

AUTOBOTS DECEPTICONS
2012−2013年 2012−2013年



collectionに戻る

TOPに戻る