HAIKU POETS

  陽 鳥陽鳥Top ときを 詠 む

   ロ ゴを選択してクリックするとページが開きます。

自選句集 俳 画 集 句 評 集 ソウル俳句会 フォト575
 
春を詠む 夏を詠む 秋を詠む 冬を読む 新年を詠む
    掲載した俳句は、俳誌・雑誌・新聞などに掲載された中から選びました。
 

「蕗」誌に掲載された俳句     人気ランキングベストテン滞在!
 俳誌「蕗」雑詠    ブログ☆陽鳥?!
 特集・九州の俳人たち
 

  ご参加歓迎!
 花鶏☆豊後句会

 開催日:原則として毎月第4日曜日(12:00~16:00/大分市コンパルホール)

 

  
双葉山忌 を季語として創出しよう
 

   
          

      渕 野 陽 鳥 ふちのようちょう

 
  1986/4自画像

 1942年 大分県別府市に生まれる 本名・渕野純生(ふちのよしお)
        信用金庫理事長、天文台館長を歴任した後、趣味に興じる
 2000年 「蕗」入会・倉田紘文に師事(2014年4月終刊)
 2003年 公益社団法人俳人協会会員
 2006年 大分県俳句連盟事務局長(2006/4~2010/5)
 2006年 日本童話祭<久留島武彦先生顕彰>
          
全国児童生徒俳句大会実行委員 第24回~第27回(2010/5 )
 2008年 第44回大分合同新聞読者文芸年間賞(倉田紘文推薦)
 2009年 日本現代詩歌文学館振興会評議委員 (2009/4~ )
           
                          文学館へ
 2011年 鉄輪俳句筒湯けむり散歩句碑建立(第18回年間優秀句)
 2015年 「花鶏」入会・野中亮介に師事

                             


           俳号 陽 鳥(ようちう) 
 
 昔々のお話になります。
   洋酒メーカーのサントリー社が『純生(じゅんなま)の銘を冠した
 ビールを売出しました。
 私の名は純生(よしお)ですが、テレビ・コマーシャルでこの銘柄
 が連日流されると、友だちから「渕野のコマーシャルだ!」と囃さ
 れたものです。



        <サントリー・純生>サン  (Sun/太陽)を
                         トリー (Bird/ 鳥 )を

      置き換え、さらに、大のファンであった漫画家手塚治虫の作品「火の鳥」を
      イメージして、陽鳥が生まれました。
      
      郷里の大分では、酒に酔っ払っている状態を「ようちょう」とか「ようちょる」
      と言います。猪口一杯で酔うてしまう下戸の私のことでもあります。

        いつしかビールの<純生>は市場から消え、代わって発泡酒の<純生>が
        売出されたものの、最近では店頭に見かけません。 写真は、下戸の私が記念
        に買った発泡酒の空き缶です。
         缶の底には<賞味期限02.12 製造0204下>と記しています。



      
                                         画 江 藤 一 弘


        湯けむりのあしらひ上手春二番 陽 鳥

   倉田紘文「評」二月から三月にかけて、その年初めて吹く強い風が春一番。そのあと大陸の
            寒波が入り込んで来て強く吹く風が春二番。別府のゆけむりは上手にそれを
            あしらって受けとめるという。天晴れ。

 鉄輪俳句筒「湯けむり散歩」(平成22年春/第71集)に選ばれた一句です。
 第18回年間優秀句に推されて「俳句広場」 に句碑が建立されました。

  句碑除幕/2011年5月29日 ・句碑の材質/玄武岩 ・句碑制作/鶴見石材

  温泉山永福寺の上の路地を入った「湯けむり散歩」コースの半ばにあり、遠くに
 別府湾を望み、左手イトーピアに鉄輪俳句筒・湯けむり散歩、選者倉田紘文句碑
 があり、 目の前は幾条も上がる鉄輪温泉の湯煙、広場の下には冨士屋さんの大
 銀杏と珍しい多種類の椿園です。
  地獄蒸し工房や蒸し湯に次ぐ新たな鉄輪の楽しい場所の誕生です。

   この広場は、前鉄輪愛酎会会長の原寛孝さんが別府市に寄付された土地を公園として
  整備されたものです。 (平成 23年3月末竣工)


                鉄輪俳句筒/湯けむり散歩
                 鉄輪を訪れた旅の楽しさを詠んだ作品が楽しめます。