自選句集


       陽 鳥 自選句30句

                     

       初夢の中に忘れし備忘録

       福引を夫に引かせて平和かな



                    

       小綬鶏の告白押しの一手かな

     春泥にもうやけくその心もち

    約束をとんとわすれて犬ふぐり

        湯けむりのあしらひ上手春二番

    つくしんぼ真つ直ぐ伸びて摘み取らる

    風紋のしがみつきたる薄氷

        ふきのたう母に倣ひて差し上ぐる


                   

        静けさの蛍袋に詰まりけり

        孑孒の振付け変へてみたくなる

        雷の威してばかり雨もなし

        青柿の心がけても落ちにけり

        妻見舞ふ金魚の餌を忘れずに

        ご一行様と呼ばるる浴衣かな



                 

        湯の町を敵機素通り終戦日

        百歳の母がねぎらふ茄子の馬

        行くあてのある敬老の日なりけり

      籾殻の一家ささふる嵩なりし

        前山に猿降りて来る盂蘭盆会

        星月夜階下の妻へEメール

      朝顔の蔓の及ばぬ取つ掛り

     つくつくし仕舞に自慢して終る



  
                 

    終りなき白山茶花の一つ咲き

    ストーブの炎が語りつづけたる

    寒風や根つこゆるがぬ湯の煙

    山眠る薬缶がずつと泣きじやくる

    熱燗の辞書の解説そつけなし

         虫食の葉にある余白十二月

    女湯の下に男湯寒の月

          


 陽鳥Top