日本における国鉄狭軌軽便線は戦後間もなく改軌された釜石線を 最後に姿を消しました。ここでは、もしも何らかの事情で、戦後かなり 遅くまで(少なくとも昭和50年頃まで)狭軌線のまま改良を加えて行ったら 一体どのような車両が活躍していたでしょうか。それを一寸覗いて見ようと 思います。





狭軌軽便国電の一派

ニブロク最強のSL

標準型気動車の登場

狭軌軽便線のスハ42

両開き・三扉・食パン・そして労使闘争

売られた花嫁たち

国鉄嶺積軽便線車両一覧(1969年版)