陽だまりの家 Q1、0
●エコノミーにエコライフ、
         そんな「夢の家」をあなたに!

 省エネやエネルギーの転換による化石資源への依存体質からのExodus(脱出)は、資源産出国の政情や投機的な相場変動のリスクからの影響軽減にもつながる「自立への道」でもあります。明治の開国以来、常にエネルギー・リスクに脅かされてきた日本の国のあり方を改めるチャンス、という前向きな捉え方もありますね。

今回は環境問題という、誰一人として部外者ではありえない「全地球的な危機」ですが、常に逆境に挑み続けてきた日本人は「禍転じて福と為す」の心で建設的に歩んで行けると 私は信じています。

さて、家の省エネのための性能アップを考えるとき、費用対効果が大きいのはやはり断熱性能の向上。

その地域に適合した断熱性能のクリアは最低限必要なことですが、更なる工夫でQ値が1.0を切る高性能住宅が可能です(当ページの以下のコラムをご参照ください)。これは、省エネ&長寿命を志向するエコハウスに相応しい、大幅なランニング・コストの削減をもたらす夢の住い。
既に当社では、こうしたQ値1.0以下の先進住宅を実現してお施主様にご提供させて頂いております。


加えて工房では住宅性能のみにあらず、家の持つメンタルな部分、住まう人の心に働きかけてくる要素も大切にしたいと考えております。

より高い性能と良質なデザインを限られた御予算の中で実現していく、“一棟一棟がみな唯一の独創的な家”をお造りしていきたいと思っております。
   



 
陽だまりの家Q1.0では、外(付加)断熱性能と施工性の向上を図るため、従来のネオマフォーム30mm厚+透湿防水シート貼りから、アキレスQ1.0ボード50mm厚(断熱材外部は防水仕様。ボード間の気密テープ目貼りにて完全防水を図ります。アキレスQ1ボード製品については以下をご参照ください。 http://www.achilles-dannetu.com/seihin_q1_bord.html
                              
今回の仕様をこれからの[陽だまりの家Q1、0]の標準として皆様にもお奨めしていきたいと考えております。  


[陽だまりの家Q1.0]のspecks 
断熱仕様

外部に面する壁 外部側から @外壁材 A通気胴縁 B外(付加)断熱材 アキレス Q1ボード T=50mm C構造用合板 OSBボード T=9mm D壁充填断熱材 高性能グラスウール 16kg品 T=100 E柱 F気密シート G石膏ボード T=12.5mm
Hオプション 羽目板(パイン材等)貼り

●屋根 @屋根葺き材 オークリッジプロ(グラスファイバー芯材+耐候性アスファルト基材に粒状セラミック焼付け塗装彩色石仕上げ、メーカー30年保証品当社推奨標準仕様) A野地合板 B通気胴縁 C外(付加)断熱材 アキレス Q1ボード T=50mm D壁充填断熱材 高性能グラスウール 16kg品 T=100(二重) E垂木 ツーバイ材 F気密シート G石膏ボード T=9.5mm
Hオプション 羽目板(パイン材等)貼り





                       



〒024-0056
岩手県北上市鬼柳町
Tel:0197-67-6802
Fax:0197-67-6878
携帯:090-9635-6937
(高橋)

E-mail
botbot@sea.plala.or.jp

夢家企画工房
other style

ひだまりの家ゼロe