Compassion カルトを抜けて罪と向き合う 井上嘉浩

プロフィール
手記
いま考えていること
リンク

資料
意見陳述
裁判資料






手記

この手記は、最高裁へ上告中の2008年に井上嘉浩さんが書いたものです。
その後、2014年の平田信氏の法廷証言の前に、あらためて事件の背景事情の整理や内省を深め、加筆訂正されました。

現在は一章のみの公開ですが、二章以降は順次更新していきます。

「未来の世代へ 二度と過ちが繰り返されないように」

<目次>
 (一) 何故
 (二) 逆さま
 (三) 喪失
 (四) 罪人
 (五) 偽善
 (六) 狂気
 (七) 予言
 (八) 大罪人
 (九) 罪の自覚
 (十) 悲しみと愛

一 「何故」

 私は決してこのような大罪を犯すつもりで出家したわけではありません。それなのに何故大罪を犯してしまったのか、逮捕後幾度となく自問自答してきました。

 突き詰めますとオウムに入会する前の自分に既に問題がありました。さかのぼれば宗教とは何かを理解していなかったからであり、それはまた人間生活に矛盾した姿があることの意味に目を開かなかったことが原因であると思われます。さらに私の性格的な欠点として、あせること、いい格好をすること、早とちりをすることがありました。
 これらの問題を象徴する出来事として、高校一年生の頃、母方の実家の祖母が入院していた老人病院に見舞いに行ったときのことが思い浮かびます。そこにいるのはおじいちゃんおばあちゃんばかりで何とも言えない悲しげな目で私を追っていました。私は、「ここは現代の姥捨山ではないか!子供や社会のために尽くしてこられたのに、こんなところに隔離され、ただ死を待つだけだなんて、こんなことは何とかしなければいけない」と、悲しみや怒りに駆られました。
 もし当時抱いた「こんなことは何とかしなければいけない」との思いを本当に実現しようとするなら、何故人は人を愛しながら、私には人を見捨てているように思えた老人病院に入れたままでいられるのか、そういう人間の矛盾にまず目を開くべきでした。それなのに私は一方的に矛盾のないユートピアに憧れました。今から思えば青年の正義感ではありましたが、それは世間を知らない危ういものでした。このようなユートピアに魅かれた原因の一つに家族の不和があったと思います。
 
 私の幼稚園児の時に、母が自殺未遂をしたことが思い浮かびます。母は台所に倒れていました。
「なんやよっちゃんか、こっちへおいで」と、母はゆらりと上半身を起こして手招きしました。飛び込みたくても飛び込めずに逃げたくても逃げられませんでした。やがて救急車のサイレンが聞こえ「死なして、ほうっておいて」と母は叫び、救急車に運び込まれ、私を置いて走り去っていきました。以来、母のことがいつも心配でなりませんでした。
 父については家で暴れる姿が思い出されます。たまに日曜日に一緒に食事をすると、突然大声を上げ卓袱台をひっくり返しました。母は金切り声を上げて、父とケンカし、2階の部屋へ引っ込みました。父は一階の応接間にこもり、兄はすぐに自分の部屋に戻りました。誰も掃除せず、いつも私が片付け、無性に悲しく一人で泣きました。しかしこういう家族をとりわけ不幸とは考えていませんでした。子供の頃ドキュメンタリー番組が好きで、世界中には食べることもできずに苦しんでいる人がたくさんいると思っていました。父はタバコも酒もギャンブルもせず真面目な人でしたが、家でもくつろげない父を見ていると、「父のような生き方をしても幸福はない」と思うようになりました。

 そして中学生の頃、私にはどういう大人になりたいのか理想が持てませんでした。その頃出会ったのが武道の独学を通して知ったヨーガの「輪廻からの解脱」という思想でした。
 輪廻の思想はそのままでは信じられませんでしたが、この世の全ては無常であると言い切られていることに、はじめてごまかしのない真実に出会ったと感動しました。そして全ての幸福は例外なく無常の苦しみにつながれていると感じ、何という果てしない苦しみの中に人は生きているんだろうかとショックを受けました。私は無常の苦しみからの解脱に魅かれ、初めて人生でやってみたいことを見つけたと思いました。
 このこと自体は他者に迷惑をかけない限り批難されるものではなかったと思います。私の大きな過ちは、解脱とは何か?独学で求めていく中で出会った阿含宗の「霊性の開発による社会革命」という言葉に、よくその内容を吟味しないままにとらわれてしまったことであったと考えています。それは、現代社会は様々な問題に満ちあふれていて、今のままの人間の知能では高度に発達した近代技術をもてあそび絶滅に至ってしまうかも知れない、ただ霊性の開発によってのみその危機から逃れることができる、というものでした。オウムではこれを神々の意思によるハルマゲドンからの救済と呼んでいました。
 今から思いますと、これは宗教や思想ではなく、修行による個人の変化がそのまま社会の変化に通用するかのような幻想を煽っていたアジテーションであったと思います。
 しかし当時15歳の私はそれを真に受けて、なんとかしなければと情熱をかき立てられました。ところが阿含宗の中へ入ってみると、私には肝心な霊性の開発ということが欠けているように思われ失望しました。しかし麻原がそのパートを提示していたことから関心を持ち、16歳で入会し、そしてどんどんはまっていきました。

 人間の苦しみや悲しみに対して答えはあるのでしょうか?今、私は答えのない苦しみと向き合うことがどれほどつらいことかとしみじみ実感しています。麻原は苦しみは苦しみでしかないと断定し、苦しみとは別のところに本当の幸せ、解脱があると教え、その道を真理と呼びました。私は麻原の教えに無常の苦しみの答えがあると信じ、それを得ようと努め、それが多くの人々の救いになると信じ布教しました。
 この麻原の教えは一見、輪廻の苦しみからの解脱と同じに思え、当時私はそのように理解しました。しかし逮捕後、本来仏教が伝えようとしているものは、このような善と悪を二分するような単純な二元論にもとづいた苦しみからの救いではないことを学び愕然としました。
 具体的には人間が作りだす様々な矛盾の苦しみをじっと耐えて受け入れることで、はじめて自分の中に開かれてくる愛のような心を知り、人格を高めることが、宗教の核心のようでした。これはとりもなおさず大人になる道であったと思います。
 ですので、決して苦しみに決まった答えがあるわけではなく、逆に他者から与えられた答えがあると信じ込んで、それに自分をゆだねることは自分を見失うことであり、宗教の落とし穴でした。麻原の教えのように人間の矛盾を拒絶したものは宗教とは言えず、人としての心を見失うものでしかありませんでした。
 
 私は16歳で宗教の落とし穴に自分ではまり込み、教団内で大人になるための大切な様々な体験をまるで逆さまにすることになりました。



ホーム  
(c)Compassion