WEB日記  虫たちの不思議な世界


   2007/4/29

 王の墓から黄金のブローチが出土した?

      スキバジンガサハムシ    Aspidomorpha transparipennis
 

 

   2007/4/29

   甲虫目/カブトムシ亜目/ハムシ上科/ハムシ科/
   カメノコハムシ亜科
   分布:北海道、本州、九州 大きさ:6〜7mm



  日出町(大分県速見群)に住む昌子義姉が
 スキバジンガサハムシを紙袋に入れて持っ
 てきてくれました。
   丸くて扁平な形がユニークだが、画像でみ
 るよりも、色が金ぴかなのです。この形を陣
 笠に見立ててジンガサハムシ(陣笠葉虫)と
 いう名がついたようです。
  幼虫の行動もさらにユニークらしい。幼虫は
 脱皮で皮を脱いでも、抜け殻をそのまま背中
 に背負っていて、蛹になっても背中に乗せた
 ままであるらしい。
  食草はヒルガオで、どこにでもふつうに見ら
 れる虫とのことですが、 私には何とも珍しく
 感動的な出会いでした。

 
 



          


  2011/9/20 

 
クロシジミの不思議〜クロシジミとアリの同居生活 

  クロシジミ  黒小灰蝶 Niphanda fusca

 

  クロシジミ/チョウ目・/シジミチョウ科/分布:本州・四国・九州/前翅長:17-23mm

   本当に生き物の不思議な世界ですね

  2011年9月20日付のブログ「陽鳥?!」に掲載した蝶について津郷勇先生(越前市)から、
 クロシジミ♀
であろうと、クロシジミの生態を説明された資料をEメールに添付していただきま
 した。

  成虫は年に1回、6〜8月ごろに発生する。幼虫は若齢のうちはアブラムシなどの分泌物を
 摂取するが、2齢後期になるとクロオオアリの巣内でアリに育てられ、翌年の6〜7月頃に蛹
 となる。


  「生き物の不思議な世界」(抜粋)
  クロシジミは幼虫の時クロオオアリの巣で過ごし育ててもらいます。
  クロシジミの卵はアブラムシのいる草で、近くにクロオオアリがいる場所に産み落とされます。
  草に産みつけられた卵から孵化した幼虫は、アブラムシの分泌物をなめたり、クロオオアリ
  からエサをもらったりして地上で成長します。
  3歳頃になるとクロオオアリによって巣に運ばれ、クロオオアリと同居生活をするようになり
  ます。巣ではクロオオアリに口移しでエサをもらいながら成長します。
  クロオオアリがクロシジミの幼虫の世話をする理由として、アリの好む分泌物(蜜)を体から
  だし、クロオオアリに与える事があります。また、アリの匂いを身にまとい、アリに自分の仲
  間だとだまして世話をさせていることが最近の研究でわかってきました。
  冬の寒い時期も温かいアリの巣で過ごしたクロシジミの幼虫は、春になると巣の出口付近
  でさなぎになります。さなぎになると蜜は出さなくなるのですけど、匂いは残っているので攻
  撃されません。
  羽化するとクロシジミの幼虫は今までアリをだましていた匂いをださなくなり、攻撃される心
  配があるので、アリから逃げるように一目散に地上に出てきます。
  草の上にたどり着いたクロシジミの成虫はゆっくり羽をのばし飛びたっていきます。
  クロシジミはアブラムシ、クロオオアリと共生する珍しい生態や生育環境の悪化のために年
  々減少して、絶滅危惧種に指定されています。


  何となく撮った蝶が、絶滅危惧種に指定された蝶であり、しかもその生態が不可思議です。
 羽化するとアリから一目散に逃げ出す〜とは、ずるがしこさに呆れるが、滑稽でもあります。
 クロシジミとの偶然の出会いであったことを知ることができたのは津郷先生のおかげでした。
  いつの日にかクロシジミのオスにも出会いたいものです。(2011/9/23)


         


  2012/6/6

 アゲハモドキの擬態の不思議 

  アゲハモドキ  擬鳳蝶蛾/揚羽擬蛾 Epicopeia hainesii

     

     
 よく見れば裏面も体の形、模様もよくジャコウアゲハによく似ており、完成された擬態と感心しきりです。
                              (2012/6/9 津郷先生 談)


 「珍しい蛾アゲハモドキを今日11時30分ごろに玄関先の外灯の下に張り付いていたのを、
妻が偶然見付けて大急ぎで写真を撮りました。」
 このように申して、越前市にお住いの津郷勇先生からアゲハモドキの写真を添えてEメール
をいただきました。

 蝶かと見紛う姿にその変装ぶりに感心しきりです。
 アゲハモドキは蛾に多い夜行性であり、蝶のような昼行性ではないので天敵から身を守る
ために擬態している意味があるのか・・・不思議だと言うほかはありません。

 アゲハモドキは毒を持ち天敵の鳥から捕食を避けるジャコウアゲハ♂に擬態しているよう
です。
 ジャコウアゲハは麝香鳳蝶と書きます。ジャコウ(麝香)は別名ムスク、雄のジャコウジカの
臓器の一つ、麝香の分泌物を集めて乾かした生薬でいい香りを発するものです。雄の成虫
がジャコウのような香りを発することからジャコウアゲハと名付けられたらしい。この蝶は幼
生時代に毒性を持ったアリストロキア酸を含んでおるウマノスズクサを食べて育つ。この毒
素はジャコウアゲハの幼生に蓄積され成虫になっても体内に残り続ける。ジャコウアゲハの
幼虫、成虫を捕食した鳥などは中毒を起こす危険を学習して捕食を避けると考えられる。 さ
らに、黒と灰色の羽に点々と並ぶ赤い紋は危険であると警告していると思われるので、捕食
者にコイツは食べられないと認識させているのです。

 アゲハモドキは毒素をもっていないが、ジャコウアゲハに擬態することによって危険なもで
あるがごときに捕食者に思わせるのです。なんとも賢い選択であろうか。
 このように、無害なものが危険なものに擬態することをベーツ擬態というそうです。

 アゲハモドキの擬態の秘密を知った私はこんなことを考えた。
 もし、アゲハモドキを食べて何でもなかった捕食者が、これを学習してジャコウアゲハを食
べて中毒をこすことはないのだろうか?
 そうなると、ジャコウアゲハにとってはアゲハモドキの擬態は迷惑千万なことでしょう。

        

  ジャコウアゲハの幼虫はグロテスク?ですが、アゲハモドキの幼虫はなんとお洒落なのでしょう!

 それにしても、捕食者(鳥)は危険であることをどうして知るのであろうか。
  @毎回経験することから学習する。
  A鳥語によって伝達(教える)手段がある。
  B遺伝的に警告色を持った生物に対して避けるようなプログラムを持って生まれる。
  どれもが正しい答であるように思えるが、謎は深まるばかりである。

 ほんとうは、醜い姿だと思っている蛾は美しいジャコウアゲハの容姿に少しでも近づこう
と想いつづけているのではないか。それにしても、アゲハモドキは蛾では活動時間は主に
夜間であるのに、どこでジャコウアゲハについて知識を得たのか、いろいろ不思議でなら
ない。

         ジャコウアゲハの戦略

 アゲハモドキの写真をいただいた翌々日、津郷先生がジャコウアゲハとウマノスズクサ
の資料を届けてくださった。
 アゲハモドキのベーツ擬態を語るには、ジャコウアゲハの戦略を語らなければアゲハモ
ドキの狡賢い、いや、健気な生き方を知ることはできないことを知った。

      ウマノスズクサにとまり羽化した直後のジャコウアゲハ

     
                   画像: Namihei Science Updata

 ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサを食草としている。そのうえ、ジャコウアゲハは
一生にわたってウマノスグサとは切っても切れぬ深い関係があるらしい。

                      

 ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズグサの葉や茎を食べて育つ。4回の脱皮を経て幼
虫は蛹になり羽化して成虫になる。交尾した♀は必ずウマノスズクサの葉の裏側に産卵
するという。
 前述のとおり、ウマノスズクサにはアリストロキア酸が含まれている。しかもこのアリスト
ロキア酸は数ある植物の中でウマノスズクサだけに含まれる。アリストロキア酸には強い
毒性があるが、昔は生薬として重宝されたようであるが腎不全をもたらすので注意が喚
起されている。
 ウマノスズクサはこの毒を作ることによって昆虫による食害から身を守っていると言え
るが、ジャコウアゲハはその裏をかいて毒に対する耐性を獲得し逆に利用しているとい
う。つまり、ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサをせっせと食べてアリストロキア酸を
体内に蓄積して小鳥などの天敵から身を守っているのだ。さらに♀はウマノスズクサに
産卵する際、産んだ卵にアリストロキア酸を含むクリームを塗布して外敵から守るという
念の入れようである。孵化した幼虫はまずこの卵の殻を食べて効率的に毒で武装する。
                       (Namihei Science Updataの記述による)

      
            ウマノスズクサ     画像:
 Namihei Science Updata

  ウマノスグサ科ウマノスグサ属の多年生つる植物
  ⇒葉が馬の顔の形に似ていて、花の球形の部分が馬の首に掛けるような鈴に似ていることから。
  花は雌性先熟で糞や腐肉に似た匂いで小型のハエをおびき寄せ花筒の奥の球形の部屋へと誘導する。
  部屋には柱頭があり、ハエは後戻りできずに、そこに閉じ込められる。その後雄蕊が花粉を出すと、ハエ
  は部屋から脱出できるようになる。


  ウマノスズクサは食べられるかわりにジャコウアゲハからもらうおみあげは?
 ジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサの茎まで食べてしまうが、地上部の5センチほ
どを残す。
 しばらくするとどの食い残しの茎から芽が出てきてぐんぐん成長する。食いちぎられた
茎も、ただ切っただけよりも幼虫に切られたほうが発根活着が良くなるようにある。
                           (Atelier Mochamura なんでも研究室

 写真を比べてみるとアゲハモドキという蛾はその姿がジャコウアゲハという蝶にそっく
りである。小鳥もだまされて敬遠するはずであることがよくわかる。それにしても、アゲ
ハモドキは意識的に狡賢くジャコウアゲハを真似ているとは断定できないと思う。

 私は、アゲハモドキは美しいジャコウアゲハの容姿に少しでも近づこうと想いつづけて
いるのではないかと感じるのである。
 自然界における虫たちの不思議な世界に好奇心を向けててくださる津郷先生に感謝
します。

      

     2012年6月18日 13:01 関崎岬での珍しい出合
      

       

 関崎岬の紫陽花が見ごろだとのKiki さんからお誘いをうけて訪ねた折でした。
駐車場の上空をぎこちなく飛んで来て地上に落ちるように降りてきました。クロアゲハか
と思いましたが、それにしては小振りだなと話しながら撮影しました。帰宅して、津郷先生
に画像を見ていただくとなんとアゲハモドキであるとのことで、「昼間、何かに刺激されて
驚いて飛ぶことがある。珍しい出合でしたね。」とご回答くださいました。
 偶然の出合に大変興奮した一日でした。


   

2018/6/11 

 
国宝<玉虫厨子>に使われた翅〜ヤマトタマムシ 

  ヤマトタマムシ Chrysochroa fulgidissima

   
    国道197号線・大分市大平の山際に咲くハンカイソウに留まるヤマトタマムシ

 ヤマトタマムシ:タマムシ科は日本国内にも多くの種類があるが、中でも標準和名
タマムシ(ヤマトタマムシ・学名Chrysochroa fulgidissima) として知られる種は、美しい
外見を持つことから古来より珍重されてきた。天敵である鳥は、この虫が持つ金属光
沢を怖がり寄り付かない。
 上翅(鞘 翅)は構造色によって金属光沢を発しているため、死後も色褪せず、装身
具に加工されたり、法隆寺宝物「玉虫厨子」の装飾に使われたりしている。日本には
「タマムシを箪笥に入れておくと着物が増える」という俗信がある。

タマムシ(玉虫、吉丁虫)とは、コウチョウ目タマムシ上科に属する昆虫の総称、または日本に
 おける代表的な種
Chrysochroa fulgidissimaの和名である。
 (出典:Wikipedia)


                虫たちの不思議な世界 アサギマダラがやってきた へ

日々 是好日