企業・団体名 松川町役場 324
部署名 名  前 宣言日 宣言内容 備考
町長 宮下 智博 2022/6/28  私は、職員の仕事と子育て・介護をはじめとする家庭生活の 両立を応援し、すべての職員が意欲と能力を十分に発揮して活躍できる職場づくりを進めながら、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス・温か(あったか)ボス」になることを宣言します。  
副町長 岡田 憲輔
教育長 小平 順一
総務課長 米山 政則
まちづくり
政策課長
佐々木 保
住民税務課長 池上 徹
保健福祉課長 塩倉 智文
産業観光課長 田中 学
建設水道課長 原 高広
リニア対策
課長
小沢 雅和
こども課長 下井 昭二
生涯学習課長 高根 竜二
議会事務局長 加山 隆浩
図書館
資料館長
福島 俊美
取組内容 ・職員が休暇を取得しやすいよう、日頃から係間で業務の共有をはかります。
・男性職員が活用できる「配偶者出産休暇」「育児休暇」や「育児休業」の取得を働きかけ男性職員の育児休業等取得率100%を目指します。
・母性保護・子育て・介護に係る休暇の取得について、対象となる職員へ積極的に働きかけます。
・職員の生活を優先し、就業時間外の飲み会への参加を強制しません。
・自らもワークライフバランスを実践し、仕事、生活とともに充実した人生を楽しみます。
・「ノー残業デー」の徹底を図ります。
・時差勤務、テレワークの活用など、職員の実情に応じた多様な働き方を推進します。
・子どもの学校行事や家族の誕生日等に合わせた年次休暇取得計画を年度当初に まとめて申請するよう周知します。
・業務の効率化やコミュニケーションの活性化を図り、全職員の10 日以上の連続休暇取得を目指します。
・子供の送迎など、一時的に仕事を抜けてでも対応する日を作ります。
 
イクメン・イクウィメン宣言    
実施報告    
ページのトップへ戻る