非上場株式等納税猶予の特例テスト

100 点満点 ( 合格点 80 点 )

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 平成30年度の税制改正により新たに創設された
非上場株式等についての納税猶予の特例、
は平成30年1月1日から
平成39年12月31日までの期間に
先代経営者から後継者に非上場株式等を贈与した場合に適用する
ことができますが、
それ以外の株主でも
当該会社の株式等をあらかじめ定めた後継者に
贈与するならば特例贈与税納税猶予制度を
適用することができるようになったか?
なった
ならない
問 2 先代経営者以外の株主で適用が認められるケース

①それ以前に先代経営者
からの相続等(相続及び遺贈)又は贈与により株式等を取
得していて
②かつ、その取得の際に
特例贈与税納税猶予制度の適用を受
けている後継者がいる場合で、


③最初の相続等又は贈与のあった日から
その相続又は贈与に係
る申告期限の翌日から5年以内に

他の株主からの贈与
(贈与税の申告書の提出期限が当
該期間に到来するものに限ります。)
があった場合に限られるとされていますか?
されている
されていない
問 3 贈与者が先代経営者である場合の要件は

①初めて特例贈与税納税猶予制度の適用を受
けること
②平成30年1月1日から
平成39年12月31日までに贈与があったこと
が基本的な要件となったか?
なった
ならない
問 4 納税猶予の特例を受ける場合

「特例承継計画」を
策定し、
認定経営革新等支援機関の所見
を記載の上、
平成35年(2023年)3月31日までに
都道府県知事に提出し、確認を受ける必要がありますが


平成35年(2023年)3月31日までの贈与については、
贈与後、特例認定
の申請時に合わせて特例承継計画を提出することも
可能ですか
可能
不可能
問 5 贈与後に
会社、
後継者
、先代経営者
などの要件を満たしていることについて
「都道府県知事の特例認定」を受ける必要がありますが


この「特例認定」を受けるためには、
贈与が行われた日の属する年
の翌年3/15までに都道府県に認定申請書を提出する必要がありま
すか?
3月15日でなく1月15日
ある
問 6 納税猶予の特例を受ける場合

贈与税の申告期限までに、
特例納税猶予制度の適用を受ける旨を記載した
贈与税の申告書
及び一定の書類を
税務署へ提出するとともに、
所定の担保を提供する必要がありますか
ある
ない
問 7 後継者である受贈者の主な要件は

贈与の時に、
(1)会社の代表権を有している
(2)20歳以上
(3)役員の就任から3年以上を経過していること
(4)後継者及び後継者の同族関係者で
 総議決権数の50%超の議決権数を保有

後継者が1 人の場合
後継者の同族関係者の中で
最も多くの議決権数を保有することとなる
ことですか
そうです
いいえ
問 8 先代経営者等である贈与者の主な要件

(1)会社の代表権を有していたこと
(2)贈与の直前において、
贈与者及び贈与者の同族関係者でその会社の総議
決権数の50%超の議決権数を保有し、
かつ、後継者を除いたこれらの者の
中で最も多くの議決権数を保有していたこと

(3)贈与時において、会社の代表権を有していないことですが



贈与前において、
既に特例納税猶予制度の適用を受けている者等
がいる場合等には、
(1)及び(2)の要件は不要となりますか?

不要
必要
問 9 後継者が1人の場合
a贈与の直前において
先代経営者等が有していた
会社の非上場株式等の数が


贈与の直前の会社の発行済株式等の2/3から

後継者が
贈与の直前において有していた会社の
非上場株式等の数

控除した
株数より

多く贈与する必要がありますか?
ある
ない
問 10 特例の適用を受ける
非上場株式等の全てを
担保として提供した場合には、

納税が猶予される税額の
担保の提供があったものとなりますか?。
なる
ならない

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果:

内容については,年度,個々の諸事情により,結果が異なります。自己責任でご使用ください。

非上場株式等納税猶予の特例テスト