民法改正遺言テスト

100 点満点 ( 合格点 80 点 )

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 今回の改正では、
遺言者自らが無封の遺言書を法務局に持参して、遺
言書の保管を申請できるようになったか?
なった
ならない
問 2 この法務局に保管された遺言書は、
遺言者の死亡後に
誰でもその閲覧
ができることとされており、
その閲覧又は書面を交付したときには、遺
言書を保管していることを
相続人等に通知することとされていますか?
されている
されていない
問 3 今回の改正で
遺留分減殺請求権を
「遺留分侵害請求
権」として、
遺留分権利者及びその承継人は、
受遣者()
又は受贈者に対し、
遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することが
できるようになったか?
なった
ならない
問 4 遺言書に暇庇がある場合において、
全く無効となるのか、
ならない場合もある
なる
問 5 当初有効に成立した遺産分割雲協議により作成された
遣産分割協議害に基づき
相続登記がされ、
その後当初
の分割協議内容と異なる登記がされた場合には、
再分配で取得し
た財産は
贈与税の課税対象となるか
なる
ならない
問 6 兄弟姉妹については、
その者の子(被
相続人の甥、姪)
に限り代襲相続人となるか?
なる
ならない
問 7 養子と孫で
代襲相続人でもある場合には、
両方の相続分を
取得するか?
両方取得する
片方のみ
問 8 配偶者と兄弟姉妹でもある場合には、
配偶者としての相続
分のみを取得し、
兄弟姉妹としての相続分は取得しないのか
配偶者の相続分のみ取得
両方取得できる
問 9 生前に推定相続人との間で
かわした遺留分の放棄に対する支払い
は贈与税の課税対象となるか?
なる 相続開始前3年以前は相続財産になる
贈与税ではなく相続税の対象
問 10 相続人が
国外住所で、
日本国籍なし
の場合でも
被相続人が日本に在住している場合
海外を含めすべての財産が
相続税の課税対象となるか?
なる
ならない

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果:

内容については,年度,個々の諸事情により,結果が異なります。自己責任でご使用ください。