相続税テスト

100 点満点 ( 合格点 80 点 )

残り時間


テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 今回の民法の改正で
居住権を創設し、配偶者の居住を認めることされました。

短期居住権を主張して

、遺産分割又は

相続開始から6ヶ月の
いずれか遅い日まで
居住することができるか。
どちらともいえない
できる可能性がある
できない
問 2 短期居住権が認められた場合
配偶者はその家屋を第
三者に賃貸することはできるか?
できる
できない
問 3 短期居住権は相続税の財産として課税対象となるか
なる
短期的なものは,通常は課税されないとおもわれる
問 4 民法の改正において、

婚姻期間が
20年以上の夫婦の一
方である被相続人が、

他の一方に対し、
その居住の用に供する建物又は
その敷地を遺贈又は贈与したときは、

その遺贈又は贈与に
ついて
持ち戻しの対象から除くことを認められたか
認められた
認められない
問 5 、配偶者が配偶者居住権を
遺産分割又は
遺贈・死因贈与により
取得した場合、
この長期居住権は、
配偶者の終身にわたって維持されるか
される可能性がある
されない
問 6 居住建物が被相続人と
第三者によって
共有となっていた
場合には、配偶者居住権を取得できるか
通常はできない
できる
問 7 配偶者居住権につき、
その居住建物の所有
者(相続人又は受遣者)は、
配偶者に対して
配偶者居住権の登記を備え
させる義務を負うか
負う
負わない
問 8 配偶者居住権については、譲渡することができないか
できない
できる
問 9 民法改正において、
婚姻期間が20年以上の夫婦の一
方である被相続人が、
他の一方に対し、
その居住の用に供する建物又は
その敷地を
遺贈又は贈与したときは、

被相続人は、その遺贈又は贈与に
ついて
特別受益者相続分の規定を適用しない旨の意思表示をしたものと
推定して、
持ち戻しの対象から除くことを認めたか
認められる
認められない
問 10 民法の改正で、
遺産の分割前に
遺産に属する財産が処分された場合であっても、
共同
相続人は、
その全員の同意により、
その処分された財産が
遺産の分割時
に遺産として存在するものとみなして、
その後の遺産分割をすることが
できるようになったか?
なった
ならない

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。


結果:

内容については,年度,個々の諸事情により,結果が異なります。自己責任でご使用ください。