トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加




平成30年度事業承継の概要
事業承継時の贈与税・相続税の
現金負担をゼロにする、
期間限定の制度ができました。

(期限内に、申請など一定の条件を満たした場合)
詳しくはこちらへ
電話048(648)9380 
税理士にご相談ください

 対象株式数の上限を撤廃( 2/3 → 3/3 )、
猶予割合を100%に拡大することで
、事業承継時の贈与税・相続税の現金負担をゼロにする。

 親族外を含む複数の株主から、
代表者である後継者(最大3人)への承継も対象に。
中小企業経営の実状に合わせた、多様な事業承継を支援。
対象株式数の上限を撤廃し議決権株式の全てを猶予対象とする。 ・
猶予割合を100%に拡大。
⇒事業承継に係る金銭負担はゼロとなる

 贈与者は
先代経営者に限定せず、複数でも可能とする
誰でもいい

 複数の後継者(最大三人)を対象とする
それぞれ代表権を有しているものに限る。
•後継者それぞれが、贈与/相続後において、
議決権割合の10%以上を有し、かつ、
同族内で議決権保有割合上位2位(後継者二人の場合)又は3位(後継者三人の場合)までの者であること。
•先代からの移転方法が、贈与/相続のいずれであるかは問わない。
•先代から移転を受けているかどうかは問わない
事業承継補助金 経営革新や事業転換に取り組む中小企業の設備投資等を支援
 M&Aに係る登録免許税、不動産取得税を減免


地主様と不動産管理会社などの法人様

との間の
借地権契約や土地譲渡などは
税務の世界でも、最も難しく、
適切な対応ができる税理士も
限られていると思われます

また、対策によって税金も大きく変わる場合があります
相続税、相続対策、
不動産管理会社の顧問 事業継承はお任せ下さい
税理士 行政書士 堤友幸が直接対応させていただきます。
堤税理士事務所 合同会社 埼玉会計

不動産管理会社を設立して節税ができます

  1. 不動産所得で経費になるのは
  2. 減価償却費と固定資産税などの租税公課保険料などですが、
  3. 通常個人所得が500万円以上になれば法人の方がいろいろな節税対策ができます
  4. 代表者個人の給与所得控除の利用、
  5. 経営に参画している、ご家族への役員報酬の支払い
  6. 倒産防止共済、小規模企業共済等、
  7. 積立金でも損金や控除できる、
  8. 損しない、持ち出しのないお金の貯まる節税対策を、実施します。

堤税理士・行政書士事務所・
埼玉県さいたま市大宮区
土手町3-88-1-3F


数百社の企業経営者、
相続税に関わってきた、
税理士・行政書士が
親身に対応致します。



税務調査に強い税理士をお探しの方は
048(648)9380
までお気軽にご相談ください。
税理士 行政書士 堤友幸