ゆずの種はゆずローション、ゆずクリーム、健康茶を作るのに使用します

    180ml.いり 1袋  400円
360ml.いり 1袋  600円

            超人気商品です

ご注文はメールで受付ています
Eメール:yoshihiro-kuroda@maroon.plala.or.jp
ゆずの種
ゆずの種ローション
180ml.
ゆずの種クリーム

1.ゆずの種黒焼き粉末の作り方

  1. ゆずの種を、アルミホイルで2重に包み、フライパンか土鍋で、約10分〜15分くらい弱火にかける(一度に大量につくらず、15グラム程度ずつにする。
  2. 包みを開き、種が茶褐色になっているか確認する。
  3. 冷めてから、コーヒーミル・ミキサー・すり鉢などで粉末にして、ふるいにかける。
  4. 密閉容器に入れ、湿気のないように保存する。
  5. 1日に1グラムから2グラムを目安に飲用する。

コメント

 効能:リウマチ、関節炎の痛み、足のむくみ、冷え性など
 かなり苦いので、オブラートなどに包むと飲みやすくなります。

ゆずの種で健康いきいき

 ゆずの種の部分には、抗炎症・殺菌作用のあるオーバラクトンやノミリン、血行促進作用のあるピネリン、リモネンリナロールなど、多くの薬用成分が含まれています。

ユズの種に抗炎症、血行促進パワー

[ゆず]柚子には血行を良くし体を温める精油成分が含まれていることが知られています。
「ユズの種を黒焼きにしたものを粉にして飲むと体の痛みが和らぐ」

「黒焼き」とは民間療法で用いられる素材調理法のひとつで、素材が持っているパワーを高めたり、そのまま食べるだけでは現れない薬効成分を引き出す方法といわれています。

ユズの種の粉末も、黒焼き(黒焼きといってもキツネ色に炒る程度)にすることでユズに秘められたパワーがアップすると考えられています。

柚子の種には、血行を促進するピネンやリモネン、生活習慣病を予防するリモニン血管壁を丈夫にするヘスペリジン抗炎症作用のあるナリンジンなども含まれています。これらの作用によって血液の循環も良くなり、冷え性やリウマチの症状が改善されると考えられています。

2.ゆずの種ローション(化粧水)の作り方

全身に使える化粧水です。とくに、あかぎれやシモヤケに効果があります。食品が材料なので、料理中や育児中でも安心して使えます。たっぷり作って、ご家族で使ってください。
日本酒でつくればクリームになります。

ゆずの種の利用方法

ゆずの種のエキスとは
 ゆずの種エキスは、ゆずの種から有効成分を抽出したもの。ゆずにも大量の美肌成分が含まれています。

ゆずの種のエキスの効果

@ 肌のターンオーバーの促進
  肌の表皮において表皮細胞とコラーゲンを作り出し、弾力のある肌を保つ。
A 繊維芽細胞を増やす
  コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を増やす働きがある。
B 美肌効果
  メラニン色素の生成を抑え、色白の肌を作る。

ゆずの成分と効果

ビタミンC コラーゲン生成促進
カリウム  余分なナトリウムを排出
クエン酸  疲労回復
リモネン  肌の新陳代謝と血行促進
ヘスペリジン 抗酸化作用

ゆずの種で健康いきいき
あなたもつくりませんか
ゆずローション
ゆずの種   ゆず酢  健康茶   トップページ

ゆず種黒焼き(その2)


ず種黒焼き粉末は、リウマチ、関節炎の痛み、足のむくみなどに効果があるとされています。これは、ゆずの種の精油成分、クエン酸、ビタミン類が相乗的に働き、炎症性の痛みに効果を発揮するからです。また、活性酸素の消去、精油成分による血行促進、クエン酸による疲労回復にも効果があります。


作り方
@ゆず種「種子」約15g(60粒程度)をアルミホイル2重にして包む。
Aフライパンもしくは土鍋で約10〜15分火(弱火)にかける。
B包みを開き「種子」が茶褐色になっているか確認する。
C冷めてからコーヒーミル、ミキサー、すり鉢などで粉末にする
D出来た粉末は密閉容器に入れ湿気の無いように保存する。(黒焼きとは、空気の少ない状態で蒸し焼きにして炭状になったものです。)
※黒焼き粉末は薬ではありません。健康を補助する食品ですので即効性は期待できません。ゆず種の成分が効き目を発揮するまでしばらくの間(約1ヶ月)飲まれることをお勧めします。一日に1〜2gを目安にお飲みください

ゆずは特に、肌の保湿成分「コラーゲン」を作る力が強く、肌の保水力を高める乾燥肌を防ぎます。!!
ゆずの美肌効果
肌のターンオーバーの促進
(肌の表皮のいちばん下にある表皮細胞の生成を促進し、肌のターンオーバーの周期を早めます。
活性酸素の除去
(肌の老化させる活性酸素を無害化し、タルミやシワを防ぎます。
コラーゲンの生成
(ゆずに豊富なビタミンCは、アミノ酸を材料にしてコラーゲンを合成し、肌の弾力と潤いを保ちます。