大分県行政書士 阿部宜督事務所 大分県行政書士 阿部宜督事務所 : 行政書士試験に役立つ情報や行政書士実務に関する情報が満載!

大分県行政書士 阿部宜督・・・行政書士試験や行政書士実務に関する情報が満載!行政書士予想問題も近日掲載!行政書士試験・司法試験・公務員試験などの試験対策!

大分県行政書士阿部宜督


      国籍法

      刑法

      刑事訴訟法

      刑事確定訴訟記録法

      民事調停法

      行政書士法施行規則

      行政手続法

      行政不服審査法

      行政事件訴訟法

      国家行政組織法

      国家賠償法

      行政代執行法

      行政機関の保有する情報の公開に関する法律

      ストーカー行為等の規制等に関する法律

      特定電気通信役務提供者の賠償責任及び発信者情報の開示に関する法律

      電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律

      配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律

      特定商取引に関する法律

      特定商取引に関する法律施行規則

      無限連鎖講の防止に関する法律

      身元保証に関する法律

      消費者契約法

      犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律

      犯罪被害者等基本法

      犯罪被害者等給付金の支給等に関する法律

      特定非営利活動促進法

      領事関係に関するウィーン条約〔抄〕

+++ 今後も随時追加していきます +++











アメリカにおいては、ABA(American Bar Association)弁護士模範業務規則第6・1条に
弁護士は『公益のために無償奉仕(Pro Bono Publico Service)』に少なくとも年間50時間
従事すべきであると 定められている。
今後は、司法改革において日本でもプロボノ活動が推奨されることは間違いない。
次に行政書士が国民のためにプロボノ活動意識があるかどうかは、行政書士個人個人の
改正行政書士法と代理権の意識レベルだということである。
念願の代理権獲得によって行政書士は、業務を萎縮することなく前進し、国民の利便に
資することが重要である。

次にプロボノ活動の前進としてインターネットについて少し触れてみたい。
インターネットは、個人個人のもつ力を大きく変えたのである。
今まで、マス・メディアの場合、個人は、一方的に情報の受け手としかなく、
情報の送り手としては、低い存在であった。
しかし、インターネットは個人が情報を選択し偏った報道を見抜く力をつける教育的力も
もたらしてくれた。
そこで、プロボノ活動の一つとしてこんな時にはこういう法律があるということを提供すると共に、
できるだけ多くの社会貢献をしていきたいと思っております。







▲このページの一番上へ



■ ■ ■ このサイトに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。■ ■ ■
|||||// Copyright (C) 2005〜 Yoshitoku Abe office. All Right Reserved. /|||||