寄 稿 集


  

     鉄輪俳句筒湯けむり散歩 句集終刊によせて
  
                        渕 野 陽 鳥

「鉄輪俳句筒・湯けむり散歩」のホームページは私のお気に入りである。
鉄輪を訪れた旅の楽しさを詠んだ俳句は、季節の移りゆく湯の街・鉄輪の雰囲
気を彷彿とさせる。 寄稿文では古き良き時代から今日にいたる思い出や知ら
ざる出来事が興味深い。そして、 最近は別府鉄輪まんが散歩」が登場し、鉄
輪観光 PRに花を添えている。 特筆すべきは「鉄輪ごよみ」である。 江藤一弘
画伯の平成5年から26年までの264点の挿絵は、まさに鉄輪の風物詩でもある。

寄稿文からは次のような興味深いことが窺い知れる。
春の4月か5月の頃になると、山口県や愛媛県の海岸の村では、一艘の船に米、
味噌、醤油を積み込んで数人の人が一団となって、帆をかけて別府に入ったそ
うである。波止場に船を繋いで 2〜3週間ばかり滞在する。港に泊めた船で寝
泊まりしながら温泉に通う「湯治船」もあったという。高浜虚子が、当時の別
府の風物詩「湯治船」を春の季語として取り上げ、昭和 9年の虚子編「新歳時
記」に採録されたという。

明治4年(1871) 現在の流川通り近くに別府港湾が建設され、以来瀬戸内海の
交通が活発になってくる。 各地から入湯客が訪れるようになり、不老泉、濱
脇温泉、紙屋温泉、竹瓦温泉などの共同温泉が新築されて別府は温泉街とし
て発展した等等。

鉄輪温泉は、いまだ湯治の雰囲気を残す温泉街。随所から湯けむりが立ち上
がる鉄輪温泉の景観は、別府の湯けむり温泉地景観として国の重要文化的景
観として認定されている。湯治客は温泉の蒸気を利用した 「地獄釜」で 自
炊しながら長逗留する。周辺には多様な地獄が存在することから、蒸し湯、
岩風呂、砂湯、滝湯、露天風呂などさまざまな温泉が楽しめる。別府地獄め
ぐりの中心に位置し、周辺には海地獄、鬼石坊主地獄、山地獄、かまど地獄、
白池地獄などがある。 開設伝説によれば、鎌倉時代に広大な地獄地帯であっ
たこの地を一遍上人が最初に整備されたとされ、毎年9月には鉄輪ゆあみ祭
が開催される。

お気に入りのホームページの発行はご存知の「鉄輪愛酎会」である。鉄輪焼
酎の販売により生じた利益を鉄輪の街づくりのために利用し、 鉄輪の浮揚を
図ることを目的として昭和59年に発足した。その一環として平4年「鉄輪俳
句筒 ・湯けむり散歩」がスタート。以来20余年、四季ごとに発行する句集は
88回に及ぶ。そして、年間最優秀句の句碑が町角に建てられ、旅人に湯けむ
りとともに安らぎを与えてくれる。俳句の選者は大分の地に根を張り、全国
に名をしれた俳人倉田紘文さん。紘文先生の選をうけたというそのものが、
俳句同好者にとっては何よりの喜びであった。

去る6月、全国有数の俳誌「蕗」を主宰し、大分県の俳壇にも大きな功績を
残した先生が逝去された。「紘文先生あっての鉄輪俳句でした。残念ながら
句集を終刊いたすことになりました。」と編集者の河野忠之さんから悲しい
お知らせをいただいた。
鉄輪の浮揚に人一倍思いの強 い河野さんも寄る年波には勝てないと嘆かれ
ていた。そして、これからも鉄輪温泉を愛し続けていきたいと結ばれた。
  平成26年7月13日 俳人協会会員・大分市

  クリックすると「鉄輪愛酎会」の<寄稿文の書庫>がご覧になれます。

  季刊誌 ときがめ書房 通信第三号




         2018年7月1日発行

随 想 Essay