瑞牆山、金峰山

瑞牆山、金峰山

瑞牆山、金峰山

1996/4/26.27.28
日程 家→韮崎→瑞垣山荘
4/27晴れ 瑞垣山荘(6:00)→富士見小屋(6:30)→瑞牆山(8:00=8:30)→富士見小屋(9:30)→金峰山(14:00=14:30)→金峰山荘(15:00)
4/28 晴れ 金峰山荘(7:00)→富士見小屋→瑞牆山荘(9:30)→増富温泉→佐久→秩父→家
感想
この時期に本格登山するのははじめてであった。秩父連山が一番手軽であると考えられたのでこの山を選んだ。秩父の山は初めてで今後の登山活動を進める上でもスタート地点であった。瑞牆山荘から瑞垣山を目指す。1泊二日の予定で入山し、ほとんど雪はないと思って入山したので夏山装備での入山をした。富士見小屋までは多少周りに雪は有ったもののあっというまに到着。富士見小屋から瑞牆山と金峰山の登山口が分かれる。富士見小屋からいったん下り、その後瑞牆山の登りが始まる。この場所は日陰の場所であったので、雪がかなり残っている場所がありまた頂上直下はアイスバーン状態となっており悪戦苦闘をしてしまった。
瑞牆山、金峰山

 

瑞牆山、金峰山
頂上は金峰山側に展望がよく、遠くは雲取山まで見えた。同じように下りもかなりててこずりはしたが、無事富士見小屋に着くことができた。ここから金峰山を目指して登り始めたが、雪山装備は何一つ持っていなかったので登りは非常に大変なものとなりました。日陰の場所ばっかを登山することとなったので雪が非常に積もっている個所があり多い個所で2m近くの雪が残っていました。瑞垣山の登山とは違い本格登山をすることとなりました。稜線上に出たときは今まで見たことのない絶景を見ることができました。
瑞牆山、金峰山

 

瑞牆山、金峰山

 

瑞牆山、金峰山?
頂上に着き時間も遅かったので金峰山荘で泊ることとしました。次の日山頂に行った後下山をした。帰りがけに増富温泉に入った後家に帰りました。

アウトドア&フィッシング ナチュラム


ホグロフスオンラインストア

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

楽天トラベル

関連ページ

八ヶ岳
筆者が今までに行った山の紀行文
九州.中国.四国.伊吹山
筆者が今までに行った山の紀行文
荒川岳、赤石岳、聖岳
筆者が今までに行った山の紀行文
剣岳 チンネ左稜線
筆者が今までに行った山の紀行文

ホーム RSS購読 サイトマップ