1998/4/3.4(晴れ)
日程
(3日)千葉(21:30)→習志野→西那須野→桧枝岐.滝沢橋(2:00=7:50)→会津駒ケ岳(11:10=14:00)→滝沢橋(16:00)→宿
(4日)宿→七入(9:00)→尾瀬御池(10:00)→大杉岳(11:30=12:00)→尾瀬尾池(12:45)→七入(13:30)→塩原→西那須野→習志野→千葉
会津駒ケ岳のトライは今回が3度目となる。1度目は時間がなくあきらめる。2度目は1月末に目指したが猛吹雪と新雪となり敗退する。 今回は朝から非常に天気が良く雲一つない天気となる。1月に来たときとは違い道や山肌にはほとんど雪がなくこの先に行く山行が心配となる。 滝沢橋を出発し林道を上っていく途中から沢沿いの道を登って行く。冬に来たときには林道の道を登って苦戦し2時間近くかかったが、 沢沿いの道を登っていったらすぐにヘリポートの場所まで1時間足らずで到着した。そこから尾根沿いのルートを登っていき冬テントを張った場所までわずか2時間強で通過する。 通過してから右側に山頂を眺めながらゆったりとした登りを登っていく。樹林帯を過ぎて山頂を眺めながらゆっくりと登っていき山頂非難小屋を過ぎる。 山頂小屋を過ぎたら数分で山頂に到着。この日は非常に天候が良く、飯豊連邦.越後駒ケ岳.平が岳.燧ケ岳.上州武尊山を眺めることができた。 下りは非常にすばらしいダウンヒルのゲレンデを滑り降りる。樹林帯に入ってからも木の間が広いのでかなりのスピードで降ることができた。 樹林帯のダウンヒルはヘリポートまで続いている。ここから沢沿いの下りまでは斜滑降で降る形となった。沢沿いの斜面に入って最後の下りを滑り降りことができた。 この山は非常に滑る場所は多く距離は短く登るコースも難しくないので来年も訪れようと考えています。
会津駒ケ岳

 

会津駒ケ岳

 

会津駒ケ岳




トップへ戻る