八尾市立歴史民俗資料館 河内木綿の部屋(4)
ページ内容の無断転用等はご遠慮ください。

(4)−1 綿から糸へ


摘み取った綿から糸にするまでには、
綿繰り(わたくり)、綿打ち(わたうち)、糸つむぎなどの工程があります。


<1>綿繰り(わたくり)

摘み取って乾かした実綿(みわた)を綿繰機で綿(繰綿)と種にわけます。






<2>繰打ち(わたうち)

繰綿(くりわた)を綿打弓(わたうちゆみ)で打って、繊維をほぐします。






<3>綿筒(わたづつ)を作る

ほぐした綿を筒状にします。当地ではこれをジンギといいます。





<4>糸紡ぎ(いとつむぎ)

綿筒(じんぎ)を糸車(いとぐるま)で紡(つむ)いで糸にします。





(4)−2 糸から木綿へ



河内木綿の部屋の最初に戻る


 


八尾市立歴史民俗資料館のトップへ戻る