八尾市立歴史民俗資料館 河内木綿の部屋(2)
ページ内容の無断転用等はご遠慮ください

(2)−2 河内木綿の文様・柄



 
縞柄

さまざまに染められた木綿糸を縦横に組み合わせて柄を構成させたものです。
大別すれば、竪縞と格子縞に分けられます。

用途からみると、細かい柄は着物用、太い縞柄で構成されているものは蒲団地用です。
柄の部分をクリックすると、少し拡大した画像がご覧になれます。
 
型染の文様

型染とは、白地の木綿布に、文様を形どった型紙(厚手の澁紙で鈴鹿白子産が有名)を置き、糊で防染した上で、染料につけて文様を抜き出す技法です。
河内木綿の型染文様では、菊花や桐、牡丹、唐草などの植物や、鶴亀、鳳凰などの吉祥(めでたい)系の動物を図案化したものがよくみられます。


文様部分をクリックすると、少し拡大した画像がご覧になれます。



(3)綿を作るへ



(2)−1河内木綿の製品へ
(2)河内木綿の特徴へ戻る



八尾市立歴史民俗資料館のトップへ戻る