八尾市立歴史民俗資料館 河内木綿の部屋(1)
*ページ内容等の無断転用はご遠慮ください。


(1)河内木綿とは・・・


高安の里の木綿買(『河内名所図会』より。彩色は資料館

上の図は、江戸時代後期(18世紀はじめ頃)の高安の里(現八尾市東部)で
木綿織りと木綿売買をしている家の様子を描いたものです。

機を織る女性、織りあがった反物を売買している男たち、
糸車を持参して通ってくる娘さんなど、
木綿の生産や売買に携わっている人々が登場しています。
江戸時代、河内での木綿生産が盛んであった時代のひとコマです。

絵の中の人物の部分をクリックしてみてください。拡大画像とともに
何をしている人物なのか、紹介します。




河内木綿とは・・・
江戸時代から明治時代のはじめにかけて、河内地方で栽培された綿から糸を紡いで手織りされた木綿のことを、一般に「河内木綿」といいます。

日本で綿が広く栽培されはじめたのは、15世紀末頃の戦国時代といわれています。当時木綿は朝鮮半島から輸入された高級品で、丈夫で保温性にすぐれたこの生地は、あたらしい衣料として次第に広まっていました。そして木綿の原料となる綿も国産化が試みられ、三河地方などで作られるようになりました。
河内地方で、いつごろから綿が栽培されたのは、はっきりとはわかりません。少なくとも江戸時代の初めころにはかなり栽培されていたようです。

これまで、河内木綿の歴史を語るとき、
「河内木綿は、江戸時代の初めは農家の自家用として作られていましたが、次第に商品化され、その名が全国的に知られるようになりました。」
と、いわれてきました。
しかし近年の研究では、木綿は当初は高級品で、農家の自家用が発展したとは考えられないといわれています。隣国の大和では戦国末期には綿栽培が行われ、オーダーメード(注文による生産)で木綿が織られていました。河内でも同様であったと思われます。

さて江戸時代、17世紀になると、河内での綿栽培や木綿生産が盛んであったことはいくつかの記録で明らかになっています。寛永15年(1638)に成立した『毛吹草』という本には、河内の特産のひとつとして「久宝寺木綿」が紹介されていますし、貝原益軒が旅の記録として元禄2年(1689)に書いた『南遊紀行』によれば「河内は綿を多く栽培し、とくに東の山のふもとあたりが多く、、その綿から織った山根木綿は京都で評判となっている」と記しています。

さらに、18世紀のはじめ、1704年(宝永元年)に大和川が付け替えられると、それまでの川床は畑として生まれかわり、綿作りがますます盛んになり、木綿織りはさらに発展しました。18世紀中ごろの久宝寺村(現八尾市)の田畑の作付状況の記録によれば、村の耕地の7割に綿を植え付けたと記されています。

綿を摘む図(『綿圃要務』より)

また八尾や久宝寺などの在郷町や、周辺の村々に木綿を扱う商人たちが増え、仕入れや販売の競争がはげしくなりました。宝暦5年(1755)には、八尾の木綿商人の仲間と、高安山麓の木綿商人仲間が、商売の仕方についての取り決めをしています(宝暦5年正月「山の根き組定書」西岡文書、八尾市史史料編)。


やがて明治時代になると、外国から繊維の長い綿や細い糸が安い値段でたくさん輸入されるようになりました。それまで手で紡いでいたのが、工場の機械で一度にたくさんの糸が紡げるようになりました。
河内の綿は外国の綿に比べて繊維が短く、糸が太いため機械で紡ぐことには適しませんでした。また、染料も化学染料の使用が始まり藍などの植物染料で染めたものは少なくなっていきました。そして明治30年(1897)代には、産業としての河内木綿は終わりを告げました。

とはいえ、手で紡いだ糸を植物染料で染め、手で織った「河内木綿」は、地元農家の嫁入りなどで仕立てられる木綿の婚礼蒲団などとして、しばらくは残っていたようです。ある古老の話では、大正時代頃までは「婚礼荷物で用意する木綿の蒲団はやはり本当の河内木綿でないと」と、よく言われていたそうです。
仕来りや儀式の世界で残った「河内木綿」。今日、河内の旧家などに残っている「河内木綿」は、そうした時期の木綿が多いようです。

しかし、そうした習慣も次第に少なくなり、江戸時代以来の伝統を受け継いだ「河内木綿」は、戦前までに姿を消してしまいました。


(2)河内木綿の特徴へ >>


k
河内木綿の部屋の最初に戻る

 

八尾市立歴史民俗資料館のトップへ戻る