令和2年10月からの館活動について

                                                        令和2年9月17日(木)



新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、館活動を一部制限しておりましたが、令和2年10月より、下記のとおり館活動を再開いたします。
再開にあたって、来館者の皆様へのお願いとお知らせを申し上げます。


1.入館にあたって
 @いわゆる3密を避けるため、十分な間隔でご観覧ください。展示室が狭いため入場制限を行う場合があります。(一度に入館できるのは、25名まで)
 Aマスクの着用をお願いいたします。
 B検温にご協力ください。37.5度以上の方は入館できません。
 C入館時にアルコールで手指の消毒をお願いいたします。
 D大声での会話などはご遠慮ください。
 E定期的に展示室、トイレ等の清掃を行います。ご協力をお願いいたします。
 F入館時に「大阪コロナ追跡システム」のご利用、または入館カードの記入をお願いいたします。

2.再開する活動
 ・ミュージアムトークを行います。
 ・近世古文書講座を行います。
 ・11月から学芸員によるリレー講座を行います。
  上記の行事は、申込みが必要です。また、定員があります(詳細はそれぞれの行事の紹介欄をご覧ください)。
 ・「資料館へ行こう!」を行います。(毎月第1日曜日は観覧料無料:10月は第2日曜日)
 ・2階の展示観覧が可能です。ただし、講座・ミュージアムトークを行っている時間はご観覧いただけません。

★河内木綿体験コーナー・図書閲覧コーナー・勾玉体験(購入は可能です)は、引き続き使用できません。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

                                             八尾市立歴史民俗資料館指定管理者
                                             公益財団法人八尾市文化財調査研究会