八尾市立歴史民俗資料館は、市内の文化財を調査研究し、収集保存を図るとともに、展示などを通して広く公開する施設です

八尾市立歴史民俗資料館
展示案内
常設展
特別展
タイトル 内容 開催日
くらしのなかの竹細工 竹材でつくられた生活用具は、昔から日本人の生活に欠かせないものでした。竹細工の民具資料を通して、竹がもつ美しさや魅力を紹介します。 平成29年4月13日(木)〜6月11日(月)
慈願寺の名宝 慈願寺は、河内で最も古い浄土真宗寺院です。本願寺蓮如から下賜された絵画資料や、戦国時代の古文書を紹介します。 平成29年6月17日(金)〜平成29年8月27日(日)
難波と大和をつなぐ道 古代から八尾は大陸文化の上陸地である難波と大和をつなぐ交通の要所でした。本展では、近年発掘調査でみつかった道に関連した遺構と遺物を紹介します。 平成29年8月30日(水)〜平成29年10月2日(月)
民具コーナー展示
昔っておもしろい
平成29年12月2日(土)〜平成30年2月26日(月)
新収蔵品展
麟角堂と安田家の人々
平成30年3月1日(木)〜平成30年3月31日(土)




Copyright© 公益財団法人八尾市文化財調査研究会 All Rights Reserved.

八尾市立歴史民俗資料館は、指定管理者制度により公益財団法人八尾市文化財調査研究会が管理・運営を行っています。