令和2年6月定例会


 (令和2年6月11日〜6月24日)

 以下の討論は、議会の責務を明らかにし、議員の存在意義を問うものです。
 どうぞご一読下さい。


■ 政務活動費の減額に反対する討論 令和2年6月11日 

   動画はこちら (富山市議会ホームページ 34分あたりから)

 議員の期末手当を減額する議案は、賛成しました。
 報酬は減らしても、仕事を減らしちゃだめですよ。
   


■ 議会費の減額に反対する討論 令和2年6月24日

   動画はこちら (富山市議会ホームページ 5分40秒たりから)


 要約

 委員会視察は、採決に直結する事案を調査研究するものであり、いわゆる不急に当てはまることがあっても、不要のものではない。

 議会費を減額することが”善”で、これに反対する者は”悪”であるかのような評価を恐れて、委員会視察を実施しないとするなら、それは議員が自らその存在意義を低下させるもので、市民の負託に積極的に応えんとする姿勢とは相反する。

 委員会視察は”公務”であり、実施しないとすることは、議員の職責を著しく損なわせ、職務遂行の機会を奪うものであり、許容できない。

 委員会視察を行わないことを現時点において判断し、議会費を減額する本件は、まったく時期尚早であるばかりか、富山市議会並びに議員の責務及び存在意義までも自ら否定しかねない、極めて危ういものであることを指摘し、反対討論とする。



■ 委員会傍聴を可能にする請願の継続審査に反対する討論 令和2年6月24日

   動画はこちら (富山市議会ホームページ 22分あたりから)

 議員が委員会を傍聴できない状況は、賛否決定に支障があり、議員こそ傍聴システムの構築を望むのが当然です。