2002年3月3日以来
の閲覧者です

東葛条約機構にようこそ

 東葛条約機構(以下、TPOとします)は、1997年に柏市某所の手賀沼フィールドでサバイバルゲームをしていた複数のサバイバルゲームチームが、毎月定期的に定例会と称して合同でサバイバルゲームを行う様になったのが始まりで、1998年に前身の『手賀沼条約機構』を結成していました。2011年に新たなチームとの合流を機に千葉県北西部(いわゆる東葛飾地域)にて活動していることから新たに『東葛条約機構』とし、現在に至っています。

 TPOの特色は、様々なスタンスを持ったチームが、共通のレギュレーションでサバイバルゲームを行っている事です。TPOには、いわゆる普通のサバゲーチームもあれば、、ヒストリカルゲームのチームもあります。それらがTPOを受け皿として、毎月第3日曜日の定例会を通じて、サバイバルゲームと交流を楽しんでいます。

 TPOのサバイバルゲームは、2つのレギュレーションを設けているのが特徴です。
・ローパワー、ホップ規制(リミテッドルール)
・ローパワー、ホップ有り、弾数制限(オープンルール)
 TPOがローパワーを指向するのは、エアガンを使って安全にサバイバルゲームを楽しみたいからです。ホップ規制とは、小銃・拳銃をホップなし、機関銃・狙撃銃をホップありにする事で、射程に差を設けて、個人の能力、スタンスを最大限に求められるゲームを楽しめます。
また、ホップ有りのゲームも行うことで、ゲームに変化を付けるようにしています。
 またTPOでは、毎月の定例会の他に、毎年秋に長時間戦を行っていますが、通常のサバイバルゲームとは異なるルールで、イベントを楽しんでいます。また、交流戦としてTPO未所属のチームとのゲームを行っています。


TPOの主な活動


定例会は毎月第3日曜日に行っています


たまに大勢のゲストさんが来る事もあります


毎年10月の第3日曜日に近隣の有料フィールドで
長時間戦を行っています


ミリタリーイベントにもよく出没します


気が向けば日頃の感謝を込めて、
フィールドの大掃除をすることがあります。


1年最後の締めくくりは
加盟部隊が集まって大忘年会を開きます


あなたも一緒に楽しみませんか?

Copyright Since 2011 Tokatsu Pact Organization.
All rights resarved.