なむねこ



 なむは寺のばあさが、なんまんだぶでなくって、なむからたんのうの「なむ」と付けた。飲むから足んねえトラヤ−ヤ−もっとくうりょうという、禅宗大悲心陀羅尼。だからこれは坊主の猫談義。
「かあちゃんはな、まずとうちゃんを生んで、なむを生んで、太一を生んで、美代を生んで。」
と云った覚えがあるから、なむねこは、がきが生まれる前に来た。
 ばあさはあの世へ行って、がき二つフリ−タ−というもんになって、美代はマンガを書いて、坊主は歯欠け坊主になって、なむという名は永久欠番になった。
まえは大雪が降って、ずっしりとえちごっぽうの、雪降ったらみんな忘れて、冬は半年、 「お寺ねずみ出て困るすけ、ネコいねか。」
 と云ったら、暮れの三十日、ひょうろく檀那が、チャリンコにダンボ−ルの箱ひっつけてやって来た。
「ネコ持って来てやったすけ。」
「ネコなんて知らん。」
 だっておめえさとも云わず、へっへえほれって出したら、吾が猫(我輩は猫であるを、マンガお美代がそういった。)と同じ黒ぶちが、掌に余った分、さあとつっ走ってどっかへ行った。
「ほれな。」
「縁の下へ入った。」
 ひょうろく檀那、チャリンコこいで行っちまう、ぶちねこは行方知れず、その晩から雪が降った。
「腹減ったら出て来るら。」
 にゃんともすんともなく、盆暮れ坊主、かす寺だって大忙し、えんこ汲み(むかしはこれ出来ないと一丁前の坊主じゃなかった。)から、金きらきんの座蒲団まで、
正月三元日は飲み暮らして、寒の入りの六日であったか、軒の山っきわが盛り上がる、一メ−トルの雪をもっこりもぐら、すんでに小猫が現れる。
 坊主は裸足ですっとんだ、黒ぶちとっつかまえて、爪を立てる、
「ふやあ生きてたあや、一週間も雪の中。」
 逃げるやつを、手は傷だらけ、法事の鮭の半ぺら持っちゃ、なんとかじゃらして、三日してどうやら飼い猫になった。
 鼠が消えた。そこらへんが、今のペットとかいう、痰壷みたいのと違う。
 鼠は池の鯉食っちまうのから、どぶねずみから、茶髪の目くりくりってのからいたが、極小の二十日鼠が悪さする。
 蒲団部屋の蒲団むしゃくる、かりかりやっているから、襖開けっぱなしに掴んだら、掌に入る、ぎゅうとやりそくなって逃げた。裾から入って睾丸かすめて逐電、てなこと一回二回あった。
 蒲団部屋に弟子が寝ていたら仇する。
「ちええ、ねずみに鼻噛られた。」
 といって来る、
「そりゃ大変だ、だっそだかぺストんなって死ぬぞ。」 別になんともなかった。
 中国通の贅沢旦那がいて、
「二十日鼠の、いえ白いやつです、生きたまんまを蜂蜜に漬け込んで食べるんです。」
 あんなうまいものはないといった。かねて計画中の、やましろなめくじという、どでっかい蛞蝓のムニェルと、青蛙のサラダ、青大将のメインディッシュに、蛍の幼虫入り宮入貝のス−プ、ジストマ沢蟹の活け造りなと、お寺げてもの料理に、一品加えようと、部屋ごったくさにしておくと、人の目の前を、おんちょろちょろと食い物が行く。
 なむは鼠を取ったかというと、どうも記憶にない。消えたから食ったかも知らぬ。
 宝石のようなあの小猫になった。重力を無視してすっ飛び、どうにか爪を隠すようになって、ごろごろとっついたり、猫並みの猫っていうには、ちょっと強烈なとこあったが、 「なああの目、そんだからわし小猫好きだ。」
 坊主の猫可愛がり、でもってあんまり記憶にない、弱ったのは、必死に手懐けて、法事の鮭食わせたら、ねこまんまもねこフッドも、見向きもしなくなる。法事がそうあるわけはなし、
「くっそう、かってにせえ。」
 前足をけっけっと振る、ねこまためえが、まあその憎ったらしいことは、−
 でもってなむねこはかってにする。
 雪が消えた。坊主は重労働、そこらじゅう駆けずり回って、どっさくさ落ち葉やら、無遠慮に落っことす松の枝とか、軒先片づける。
 被害状況見て、どうやら春になる。
 花も満開の、そうしたら雌猫がやって来た。
 庭石の上に乗っかって、にゃあおって顔をする、りっぱなスフィンクス。
 なむはその回りを、ねり歩く。
 なんとかしてくれえといって、坊主を見上げる、笑っっちまうったら、うっふう男一匹、
「てめえでなんとかせえ。」
 といったら、なんとかした。
 三日も失せていて、へんてこになって現れた。女というのはおそろしい、宝石はぶっさけて、くっせえようなぼろ雑巾、
「ぎゃあ。」
 とかいうのを、
「こんばかったれめが。」
 坊主喝を入れたら、しゅんとなった。
 でもってなむねこは、なむ三宝成人式。
 そのころ坊主は何をやってたかって、たいてい都合のいいことだけ覚えている、近頃はいいことだってみんな忘れちまう、どっちみち恥かき人生、とやこうつっぱらかって生きていた。
 弟子は一番め逃げて、次のがろくでもないとこ寺持って、三番めが行ったり来たりしていたが、せがれが出来たから、おたがい売れ残り救済事業のかあちゃんと、子づくりしていた。
 坊主はかあちゃんなどいらねえといった。ばあさがおれも年だて貰ってくれえといった、貰ったら今度はきいかあ年が年中不協和音の、
「坊主はかあちゃんの肩持つ。」
「あたしといっしょに逃げて。」
 とか尋常ならざる。中国通贅沢檀那いうには、
「あの色っけのねえかあちゃん、ばあさん対策に貰ったな。」
 こきゃあがれ、そういうのは企業秘密だって、親不孝とっちゃん坊やにおしんばあさって、かあちゃんなかなか。でもって一人寝ていると、枕もとに、血だらけの腕がぬうっと、
「うわあ、おれが悪かった、かんべんしてくれ。」
 見れば、なむの食った兎の足、獲物取ったら、お裾分けっていうか、自慢げに置いて行く、そいつがあるときは、はらばたどわっ。
「ええもう、食うならどっか見えねえところで食え。」
 坊主いったら、本堂のど真ん中、拝敷き座にくといって、とっときのまあ、金きら座蒲団の上に載せる。
「いやだ、どうしてなむはあんなとこへ。」
 かあちゃん嘆いたって、みんなかあちゃんが悪いからだって、ばあさいうたって、なむにしてみれば、親代わり坊主に挨拶。
 かあちゃん町っ子で、犬猫嫌い、
「なむは困ったわあ、そこらじゅう毛がとっついて、」 喘息だとか泥足だとかあっちこっち、
「へえさようであったか。」
 と坊主。
 なんせ法事の鮭はあったりなかったり、なむは村中かっさらって歩く。でもって野兎取ったり、とんびはどこも食わずほってあったし、りすもいたが、小鳥を取るのは名人だった。
 畑の畝に伏せる、射程距離に入ったとたん、ぱくっとやる。
 冬には吹き荒れて、迷い鳥が入る。色んな鳥が廊下や軒先にいた。のごまなんていう、喉のあたり鮮紅色の、北海道にしかいないという−図鑑に書いてあった、そんな鳥が迷い込む。
 痛めぬよう、そっと取って逃がしてやるのに、
「いかん、なむがいた。」
 思ったとたんに、ぱっくりおしまい。
 拝敷きは駄目だっていい聞かせたら、そのあとしなくなった。
 忘れたころ、堂裏の物置きへ行ったら、いったい何羽分になるか、ふうわり虹のような山鳥の羽根。  
「山鳥なら、持ってくりゃ鮭ととっかえこしたのに。」 見事なしだり尾。
 裏の山は松山で、しめじや松茸が取れた。坊主は死出虫稼業よりは、いっそきのこ取り大好き人間で、なむのいたころは、それはよう取れた。
 国の方針といって、お役人なんでそういうことしたんだやら、杉を植えさせられ、そのあと松食い虫が流行って、残った松は全滅。
 つまらない山になった、坊主死んだろにまた松山。
「なむ山へ行こうか。」
 いうと、
「なあむ。」
 といってついて来る。犬と違って、ととっと走っちゃ、そこで待つ。
 野兎は短い耳を立て、ひげを垂らして立派なものだ。山鳥はぱっさぱっさ藪の中を歩く。ふくろうはずいぶんでっかくなって、金色目ん玉を向く、なんたって首が一八O度曲がる。置物のようにぽんと夜鷹、いつだったか気絶してひっくりかえっていた狸の子。
 いろんな鳥がいた。月日星ほしほしの三光鳥や、あかひょうびんが本堂に入って、内外で呼びあって、とんびの半分みたいな声で鳴く。
 大るりやいかる。
 松食い虫のあと青げらが来た。七八羽でもってどんどんかっか、あっというまに穴だらけ。本堂書院ところかまわず。
 なむはもういなかった。
 啄木も庵は破らず夏木立たって、生臭坊主の寺、暁天坐やっていると、
「くうくうぱっさ。」
 方向感覚失せちまって、なんだといったら、青げらのやつ、
柱掛けのまん幕の中で寝ていた。
 ぶち抜いた穴から入って来た。そいつをとらまえ、窓にぶち当たったのひっつかまえ、みなして二十キロ先の川原へ持って行って、おっぱなした。獰猛なやつで、とてつもなく美しい羽していて、緑群青、あわい茶色から鮮紅色、そいつがやたらつっつく、押さえこんだって平ちゃらの、うすっ気味悪いったら、きゅ−るり長いその舌。
「なむが生きてたらてめえっち。」
 おっぱなしたら、寺の方角へまっしぐら。
 家庭の猛獣ならぬ、なむは山原のし歩く、勝手自在かと思ったら、それがそうでもなく、一周して帰りきわ板(はんと読む、分厚いけやき板を槌で叩く)が鳴っている、客が来たとすっとんだら、なむがわあおと鳴く。
 三日もそこで鳴いていた。
 墓場の上のお不動さんの滝で、なにをまあって坊主はほっといた。
 原始ねこになって帰って来て、うらめしげに見上げる。
山へつれて行って、さっさと帰る路とそうでない路がある、ねこにはねこの都合。
 せがれが生まれた、なむはすんでに、その喉っくびに噛みつく。
「なむ。」
 慌ててひっぱがして、云い聞かせた。
 年子の妹が生まれたときは、なんにもしなかった。ひっぱたくということがなくって、納得する猫。
 納得しないこともあった。なむは夕八時を過ぎると、お出ましになる、十一時を回って帰って来る、
「にゃあ−お。」
 とご帰還を知らせて、二階を上がって来て、坊主の蒲団にもぐり込む。にゃ−おうんにゃ−お、甘ったれ声が気に食わんといって、坊主はほっぽり出す。
 かあちゃんくたびれて、寝入り鼻だし、
「くう、静かにしろ。」
 やったって、なむは毎晩。
 いったいどこへ行くといって、村中の台所漁って歩くのと、縄張りといったって、あるときは四キロ四方の、
その向こうまでのし歩く。
 お寺のねこだといって、たいてい黙っている。
「あんちきしょう、戸棚の戸開けて、鮒の煮つけは食わず、そんとなりの鰈食って行きゃあがった。」
 とか、
「ちった、お寺でも責任取ってもらえ。」
 といって、ぶちから茶からまっ白けから黒いの、なむにそっくりがあっちこっち。
 ぶったくられて、どぶっ溜めはまったことがあって、鼻つまみの、足びっこ引いて帰って来た。自業自得の、たらいへ入れて石鹸つけて洗ってやると、けっこう我慢して、ぶうたらいっている。
 そのあと拭いてドライヤ−で乾かすと、ふっさりとまあ気持ちよさそう。
 ねこが一匹いると、そこらじゅうのねこがよったくる。 ときに坊主の寝床まで運動会。
 ぎゃ−おやるさっさか歩く、ふ−び−追いかけっこ、ださんばすとか、
「ええどぶねこどもは、てめえっちの為に坊主やってんじゃね−や。」
 追っ払おうたってどうもならん。所詮人間はねこの敵ではなく。
 いよいよお盛んのつやつやなむ。
 せがれの生まれたとき、坊主はどっか行っちまっていて、
「そんなもん知るか。」
 とか、なむと同じ、太一とばあさが名前を付けた。
妹の美代んときも同じで、はあて、そいつがなんたって、せがれを抱いて歩く、法事から帰って来ればせがれ。
 きゃわいいたって、なんせわしに似てるから、
「あら、あたしそっくり。」
 かあちゃんが、がきんころの写真見せた、
「ひ! 」
 ほんにそっくり、血液型も同じ。
「むかしは美人だったんかね、売れ残り救済事業だもんでわからねえ。」
「ほんに悪うござんしたわねえ。」
 可愛いって女子高生がよったくる、人のものはおれのものっていう、ロシアみたい門前の強欲ったかりも、可愛いっていった、馬鹿坊主手出し過ぎて、神経質ったらちいっとばか。
 そこへ行くと、年子の妹は豪傑だった。
「産院の前通ったら、あたしここで生まれたんだって。」「まさか。」
 そういえばご対面のとき、にいっと笑ったとか、一つ二つまで兄貴に頭が上がらない、はじめに覚えたのが「ばん」という言葉で、ばかというらしい、兄貴がなんやかやいうと、ばんていう、ばんていって、だめっていわれるとあ−んて泣く。頭上がらないのは兄貴だけで、坊主が何いったって知らん顔。
 三つになったらたいてい女の子は一丁前。
「へえ、この赤ん坊きんなの芸者よりおもしれえや。」 電車ん中で大人気になったり、どっかのおっさんとっついちまって、さしもの坊主飯半分で逃げ出したり。
「お宅の家系よ、なんだって仕切るんだから。」
「そんなことあるもんか。」
 坊主とかあちゃんとまるっきり違う、足して二で割ったら、
理想的って、どうもそうはいかないらしい、どっちか一方の、たいてい悪いとこ引き継いで、かわいそうなはこの子でございの、親の因果。
 坊主せがれ抱いて歩き、蜂がぶ−んと飛んで来て、大事な宝もんの、目の上ちくり、こ−んなに腫れ上がって医者に行った。
「きょんみたい顔んなった。」
 とばあさいう、きょんていったいなんだ。奥手でもって、庭中はいはいやって歩き、さっぱり言葉覚えぬ。柿がなって、むりやり「かき」って詰め込んだ。
 ヘルニヤで入院して、医者がすっとんで来た。
「あのカキっていうの、なんでしょうね。」
「なんでもない。」
 せがれの方は、なむを叩いたこともなかった、かわいい大事がる。娘の方はそんなんでなく、
「キャワイイ。」
 たら、めっちゃんこ。
 二人よっったくってすんともいわぬ時は、たいてい何かやっている。苦労して手に入れた、白土三平ひらひらどっさん、二階の窓から全巻ぶちまける。碁石一組池ぼちゃやってみたり、寺の障子貼りっていうのはたいへんだ、いいかげんやって振り向くと、二人でもって指つっとさして、ずうっと歩いて来る。
 叱ったってしょうがないし、叱ったこともなかったが、一度だけめった怒った。
 がきどもが悪いんではない、甥っこ、つまり連中の叔父さんに、きよちゃんというのがいた、ねこ大嫌い人間、ねこが恐いんだから仕方がない。大学の山岳部にいて、山から帰って来て、真夜中寺にもぐり込んで寝ていたりする。
 昼飯んなっても起きてこない。蒲団の中になむおっぽり込むと、
「ぎゃあ。」
 といって、飛び起きる。
 ばあさがどっかから、白い小猫貰って来た。なむいるから駄目だっていうの、袖ふり会うも多少の縁とか。
 かわいそうなねこになった。なむは餌やると、小猫に食わせる、さすが大ボスだと思っていると、なにかの加減で追ったくる、小便ちびって小猫は逃げ、
「でもってなむ怒ったのよ、そうしたらなむの方が、ノイロ−ゼなっちゃって。」
 とかあちゃん。
 きよちゃん、その小猫池にぼっちゃんやって、
「ふ−ん、三回が限度だな。」
 という、きよちゃんは消えた、二人でもってきゃっきゃとやっている、白猫泡吹いてふん伸びた。
 ねこってのは蘇る、二人はなんで怒られたか思案する。 坊主がきのしつけなんか、したことなかった。
「しつけ糸なあ、そんなもんわしんとこねえ。」
 姉が来てとやこういうと、うそぶく。
 どういうものか太一は真っ正直んなっちゃって、美代の方は外面がいい。
「挨拶してくれるんでえ。」
 村の連中が目細める−いうことっちゃさっぱり聞かんくせして。
 三番弟子がしょうもないやつで、すいかをかいすと教え、
「そう、いいか、ここはカステラ。」
とかやる。
「うんカステラ。」
 アイスムクリンとかおおとも殺しとか、まだ呂律定まらんやつを。五円玉持って、村の茶屋へ行って、アイスムクリン三つも買っちまう、とんもころし並べて、さあ買った買った、買った人には一億円上げるよ、−
 どこの子だって、四つのころまでに、親の恩はみんな返す。
 最初の弟子は、とんだ秀才で、金沢大学付属高校特待生という、三つのころに、テレビで歌う流行歌、メロディ−から歌詞は三番まで、いっぺんで覚えた、大人がみんな期待する、そいつがうるさいとか、高校生のとき、どこまで思考出来るか、試してみようというんで、一週間机に向かったっきり、頭おかしくなった、−
 縁あって出家して、東大なんて田舎臭い、ソルボンヌ行こうとかいっていたが、出奔して十年もたってから、アメリカで新興宗教やってるって便りが来た。
 雪ん中せがれと歩いていたの、思い出す。
 次の弟子はその反対の、どんくさ代表、幼いころ大熱を出してその後遺症が残る、
「おれ、病気あるから、影日向なく生きて行こうと思って。」
 といった。師のもとへ参禅にやった、
「あれは不思議な男だ。これがこの通り、他にはない、だからこの通り坐れったら、この通り坐る。」
 師がいってよこす。三カ月して帰単して、豪雪の寺は屋根へ上って雪下ろし。先へ上って行ったのが戻って来る 、
「なんだか変だよう、雪がこっちだか、わしが雪なんだかわからない。」
 やったなあと坊主、それから、
「でもっておまえの病気はなんなんだ。」
 と聞いた。
「うっふう、ありゃ付録だかんなあ。」
 真剣に悩んでいたものを、あっけらかん。
 病気は結婚したら治った。世間知らずの坊主とも、だまされてえらいとこ行って、苦労する。
 悟るったって、持ち物み−んななくなってまる裸。
 無知のとげも、盾籠るお城も盾もない。
 三番めはこいつがしょうもないやつで、
「キャワイイ。」
 たら、娘と同じなむめっちゃくちゃ。
 中学生のころ、学校始まって以来の秀才だった、高校入っておかしくなる。先生が首に縄つけて、引っ張って来た。
「だまっちゃったっきり、なんにもいわねえです。」
 こんにゃくにかび生えたみたい。いいから置いてけとか、三日ほっぽっといて、な−んも云わぬ。
「ばかもん、なんだと思ってんだ、食う寝るっから人に面倒かけやがって、え−とっとと失せろ。」
 一喝したら、ふっとんで来て口を開く。
 聞いたらなんと、藤村操の「人生生きるに値せず」というのを読んでおかしくなった、
「へえ、今時そんなやついたんか。 」
 といって、なんとか学校へ復帰して、元気になって夏休みやって来た。
 いっしょに釣りに行ったりしたが、
「おれ危ないとこ、和尚さんに救われた、仏教大学行って、おれも人を救える人間になりたい。」
 といった。とんだ野口秀世が、仏教大学行ったってろくなことない、頭いいんだしどっか国立入れ、勉強しろと、その間一人坐禅する、
「できたよ。」
 といって来る、
「そうか、いいとこ受かったか。」
「どっこも受からねえけど、見性ってのしたぜ。」
 点検してみると、ちょっと違う、
「そういっている自分だあな。」
 そうかといって坐って、たいていぶち抜いた。
 仏教大学へ行って、優と良ばっかり並べた成績表、ぱあっと太陽みたい、今どきあんな人いないといって、女子学生がよったくる。いい塩梅と思ったらいい塩梅過ぎて、またもやおかしくなってどっか行った。
 すったもんだして、
「おれ出家する。」
 といった。
「僧籍ありゃ学費半分でいいってよ。」
 そうかいって頭剃って、そいつが伸びて行ったり来たりしていた、いろんなことあったんだろうが、世の中たいへん、− 
 七月の法要手伝えっていったら、ゼミあってだめだ、じゃ仕方ないと思ったら、何人かよったくって小笠原へ遊びに行った。でもってゼミも落として卒業不可っていう、青春はまあ青春。
「あいつさ、あんまし気持ちいいんで、海ん中でますかいたんだぜ、今んごろあいつそっくりの魚泳いでる。」 友達が来てそういった。
 どんべったら、学費免除もない、寺の婿養子に入って、大苦労して、どうやら物になって来る時節、つい最近弟弟子が同じく寺の婿養子にはいった。ずっと年下の、珍しくぴったりやった男だのに、
「どこ行ったって欠片もない、坊主がいちばん仏教に遠い。」
 という、らしいことはいい、本物やったら即刻死刑、
四面楚歌という、まあどうもこうもならん、潜行密用は愚の如く魯の如し、只能く相続するを主中の主と名付く、「他日異日必ず花咲くんです。」
 はなむけのスピ−チに、坊主は一心そういった。
 なむは坐っていると、坊主の膝の上に乗る。
 重たいからほっぽり出す。
 大の甘えん坊で、なんたって坊主の膝の上、酒呑まされて、よたっとやっちまったりの、それが山門を一歩出たら、知らん顔。
 いったいどうなってんだか、それで助かったことがある。
 隣村に法事で行ったら、なむの倍はありそうな、まっ白い猫がいる。
「ほう、てえしたもんだなあ、こりゃ。」
 いったら、
「うんにゃそれが。」
 という、なむだってどでかい猫で、がきどもよったくって、なむを取り巻いて、
「でっけ猫だ。」
 とやっていて可笑しかったが、そいつが、
「来た、あん猫だ、あいつ来るとおらとこねこ、ちぢかまっちまって。」
 というの見ると、なむがのっそり、知らん顔の坊主、なむからたんの、とらやあや−、仏壇に向かってお経。
 なむは一週間あるいは一カ月、冬の間お出ましになる。 まっ始め逃げ出した、雪山もっこりのそうしなけりゃならんと思っている。若いうちはほんとうに、雪山やっていたらしい、丸々太って帰って来る。
「シベリアタイガ−じゃなくって。」
 呆れたって云い聞かしたって、どうもならん。
 冬の間法事もないし、−
 年食ってから、四キロ強はなれたJRの駅にいた。
「このねこ、目刺しやったら頭残して食う。」
 駅員がそういった、待合室のスト−ブにあたって世間の風当たり見ていたか、
「とにかく知らん顔しててくれて、助かったわ。」
 かあちゃん帰って来て、そういった。
 三番弟子と、その友達が出家して、四番弟子になったが、この男灘高並みの受験校に入って、そのあと合唱部やってシュ−ベルトにいかれて、
「自慢じゃねえが、おれの上はあっても下はないという、−」
 どっぺりというのね−んで、先公が卒業させた、シュ−ベルトは巨大な壁のように立ちはだかる、ある日み−んな止めて海へ飛び込んだ、真っ青な海。
 小笠原へ連れて行った元凶。
 こいつはただものじゃなかった。
「仏教科の四年間、ずうっと疑問に思っていた、十重禁戒、殺すなかれ、盗むなかれってやつ、他のはともかく、殺すなかれってあれ守ったら、一瞬も生きていかれねえぜ、教授ども、みだりに殺すなかていうけど、そんなんじゃな−んともならん。」
 という、
「よく見ろ。」
 坊主はいった、
「こいつ人間の作ったもんじゃねえ、もとっからこうあるんだ。」
「そうか。」
 といって、体倍にも膨れ上がる。たがが外れたっていうか、ちらとも気がつく。
 二人雲水、川行けったら海行ったり、庭掃いて野球やったり、そうして二人そろって托鉢に出た。
 足の悪い三番弟子が帰って来る。
「おれはだめだ、とっても良寛行はできねえ。」
 仕方ねえ寺持つといった。
 二番弟子の方は、一カ月かかって山形から仙台へ抜ける。
「一人っきりんなって、どうしようかと思ったぜ。」
 そりゃわかると坊主。
「人はみんな入れてくれた、ばあさんに拝まれちゃったりしてな、でも寺ってどっこも泊めてくれね−んだ、土砂降りだったって、門前払い。」
 坊主道地に墜ちた。托鉢は、はなむけスピ−チの弟子が、九州まで行って、開聞岳の頂上から年始の挨拶。
「そんなことしてないで、正業に就けっていわれた。」 という、托鉢の伝統そのものがついえ去る。
 なむの耳が切れた。
「猫又大明神に行って来たんさね。」
 物識り檀那がいった。
 一回行けば一つ切れる。
 じき三つ切れたから、三回行って、そういうのは立派な猫又。そこらじゅうの雌猫孕ませて歩く、
「なむが羨ましいんでしょ。」
 とかあちゃん。
 年上の弟子がいた。弁護士やって大学教授という、その弁護士先生の鞄に、なむは小便ひっかける、
「うひゃあひゃあ、わたしんちも猫飼ってまして。」
 血統書付きの猫、子増やしてもうかったっていうから、金持ちは損をしない。先生カ−キチでフェラ−リ・デイトナというの持っていた。
 四キロ先からド−ンと乗りつける。
「やってみて下さい、悟った人はすんなり。」
 十二気筒360馬力、かけ損なうと二時間はぱあ、一秒でもってO〜150キロ、首根っこが−んと来る、高速時はびたっと坐って、空間そのものが行く。
 坊主は二速がやっと、三番弟子の、こいつもけっこうカ−キチで長岡小千谷間まっすぐすっ飛ばして、210キロ出したとか。
 フェラ−リ・デイトナ、革貼りの内装が雨漏りするったって、実にいい格好していた、物まね部分がなんにもない。
 物まねつぎあわせ−人を馬鹿にしたような、世界中日本車のようになって、かつてヒットラ−のいったように、この世はおしまい。
 デイトナ中古で800万で買って、売るとき1500万だった。でも一回のオ−バ−ホ−ルが100万だって、とっても貧乏人には無理。
 もっともカ−キチ先生、みんな車に注ぎ込んじゃって、「うちはもうおんぼろ。」
 といって奥さんがぼやく。
 末寺坊主来て、なむを見て、
「当家のねこは虎の如し。」
 といった。
「坊主は猫の如し。」
 返したって、あんまり禅問答にはならず。この坊主珍しく坐禅する。宗門は、−そりゃひどいもので、
「坐禅では草もむしれません。」
 と僧堂師家がいう。良寛さんのころから、仏教のブの字もなし、なんせ猿芝居の「らしさ」っていう、物まねいじめ日本の元凶。
 呆れるほど蛙の面に水、
「こんなんで続いてるって法ないです。」
「よせよせ、割り食うのわしらの方だ。」
 たとい坐禅という格好付け、坊主が坊主大嫌いじゃしょうがないって、猫かぶりの猫又。
 早くあと押しつけてなむになって出奔。
 なむは十一になって急に衰えた。
 歯がみんな抜け落ちて、よだれを垂らす、よだれでもって毛がだまになって貼り付く。みっともないったら、洗濯しても駄目だ。
 そんなになったって、猫と女は年功序列。
 うっふっふ大威張り。
 夏になる、娘の美代がばりっとむしったら、だま取れる、ばりっばりっとすっかり清々。
 美代は赤ん坊のとき、坊主の唇に出来たいぼ、むしり取った。取れそうで取れぬのばりっ、血が出てそれで納まった。
 なむは坊主の膝の上に乗る。
 ぽわあと温かくなる。
「うわあ、なんでわしの膝の上に。」
 ほっぽり出したって、番度び。
 アビシニアンのあいのこだったか、美人猫がいた。なむは大苦労して、どうやら思いを遂げたか、ふいっといなくなって、それから帰って来た。
 ダンボ−ルに蒲団敷いて入れた。 
 坊主が水しめしてやると、飲んでいたが、じきに飲まなくなる。
「へえ、こいつもうあっち行っているぜ。」
 荘厳の大往生であった、さしものばあさが、
「ねこに見習はなけりゃ。」
 といった。
 太一と美代のこさえたなむの墓から、赤のまんまがゆ−らり生えた。
 せがれは、寺のあとなんか継がないほうがいいって、坊主。   ( 完 )



HOME