最近の住宅は畳の上でごろりと横になるスペース、つまり和室が少なくなってきているのですが、それでも畳の部屋は家の中の一番の憩いのスペースであり、家族のだんらんの場であり、安心できる欠かせない場所ではないでしょうか。日本人はやっぱり家に帰ったら畳の上でごろーんと寝転がったり、こたつを囲んで家族みんなでご飯を食べたりしたいですよね。
家の中でも重要なスペースとなる「和室」ですが、最近は和室に半畳の畳を市松敷きしたり、フローリングの部屋の一部にラグやじゅうたんを敷くかわりに、半畳サイズの置き畳を敷いて和洋折衷の空間を作るスタイルが大変人気があります。また、畳と言えばグリーンやイエローカラーを思い浮かべる方がほとんどかと思いますが、お部屋の雰囲気にあわせたカラーコーディネートも人気です。

  個性的に畳のリフォームをしてみたいとお考えでしたら、カラー畳や半帖畳のご提案も致しておりますのでお気軽に当店にお問い合わせ下さい。



 右の2枚の写真は、い草の目積表で和室を市松敷きにした施行例です。向きを90度変えて敷き込むことによって、全く違う色に見えますね。 部屋の形はその部屋その部屋に個性があり、 少しづつ違いがありますので、一枚一枚が畳職人のオーダーメイドといえます。 市販の半畳の畳をしきつめていっても、間違ったパズルを組み合わせるように上手くおさまらないでしょう。4つの角が綺麗にクロスするよう、絶妙な調節が必要です。
 縁を付けない半畳の畳は、目積や校倉などの細かい模様が適しています。写真のい草の目積表の他に琉球畳や和紙表や化学表などのタイプのものもあります。 化学表は、下にセキスイの美草を紹介していますのでご覧ください。

イグサの縁なし畳 施行例

 このような三角の畳もあります。
 しかし畳は、左の写真のような畳に限らず全て一枚一枚がオーダーメイド。新調の場合お客さまのお家ではじめに行う寸法取りはとても重要な作業です。



 半畳の畳は、和室だけでなく、置き畳としてフローリングの部屋に自由自在に畳のスペースをつくることができます。セキスイの「美草」は、表の種類や、カラーバリエーションも豊富で、好みのカラーの組み合わせで部屋をコーディネートすることができます。また、カビ、ダニ、汚れに強く、い草に比べて大変長持ちです。
 畳といえば、新しく畳替えをした時の、やっぱりあの独特のイグサの香りが大好き!という方もいらっしゃると思いますが、部屋の使用目的やニーズによって、このようなイグサを使わない畳を選ぶのもスマートですね!
カビやダニが発生しにくくて
ホルマリンなどの有害物質は
もちろん使用していません。
アレルギー、過敏症の体質の
方も安心です。
イグサに比べ美草は退色年数の差が歴然!
青々と新鮮な色合いで約8年間持続します
しょう油や食べ物ををこぼしてもさっと一拭き!燃えにくい素材ですが万が一の場合も有害物質は発生しません。



尼崎 時友畳商店

健康畳店会加盟店

(C) 2004 TokitomoTatami
All rights reserved