超 音 波 検 査


腹部超音波検査 超音波を体表面から体内に向けて発射し、返ってきた反射波を受信して画像として再構成したものを映し見ることができます。肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓などの腹部臓器の観察に適しています。しかし 空気や骨が超音波を通さないため、肺・胃腸などの内部が空洞の臓器や骨の観察には適しません。
 診断できる疾患・病態としては肝炎、肝硬変、肝血管腫、肝癌、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢癌、膵炎、膵臓癌、腎結石、水腎症、腎腫瘍、腎のう胞、脾腫、胸腹水貯留および虫垂炎(盲腸)などがあります。痛みを伴わず、体に害は全くありません。
心臓超音波検査
     (心エコー)




心臓の形を見たり、心臓の実際の動き具合・心臓の働き(心機能)を見る事ができます。心臓弁膜症・心筋症・心筋梗塞など心疾患の診断に役立ちます。
痛みを伴わず、体に害は全くありません。




戻る