尿 検 査



尿糖

ブドウ糖(血糖)は腎臓の糸球体でろ過され、尿細管で再吸収されるもので尿中には見られません。しかし、糖尿病など糖代謝異常などで血糖値が高くなり、腎臓で再吸収しきれなくなるため、尿中に出てきて尿糖陽性となります。しかし、過食やストレス、妊娠などによる生理的な尿糖陽性もあるので、必ずしも
尿糖陽性=糖尿病とは限りません。逆に血糖値が上昇している状態でも尿糖陰性のケースがあり、そのような状況ではHbA1cなどの測定が望まれます。
ケトン体

肝臓での脂肪酸の酸化により生成され、骨格筋や心筋、腎臓などでエネルギー源として利用されます。糖尿病や食べ物が食べられない時に、糖の代わりのエネルギー源として脂肪の分解が促進されその結果、ケトン体が増え尿糖が陽性となります。小児では嘔吐、下痢などで陽性になります。


尿潜血

尿中に赤血球が出ている場合に陽性になります。その原因として、炎症・異物・腫瘍などにより出血している、腎臓の障害などにより腎臓から出血している場合があります。

尿蛋白
健常人でも微量の蛋白は排泄されていますが、尿中に排泄される蛋白の量が異常に多い時に蛋白陽性となります。その原因は、腎臓そのものの障害による場合で、糸球体から蛋白が多く漏れる場合、また腎臓以外の膀胱や尿道などの尿路系の結石・腫瘍などで尿細管から再吸収されない場合があります。しかし、激しい運動の後や発熱などで一過性に尿蛋白陽性になることもありますが、これは特に心配はありません。


尿ビリルビン ビリルビンとは赤血球が肝臓で分解される時に作られる胆汁色素のことで、通常肝臓から胆汁となって腸内に排泄され、尿中には排泄されません。尿中ビリルビンが陽性となる原因は、胆汁がうまく排泄できず、血中にビリルビンが増加して尿中に漏れる尿道閉塞(胆石、胆道ガン)などがあります。また、肝炎などでも肝細胞が傷害され、ビリルビンの排泄作用が弱まって血中ビリルビンが増加し、尿中に排泄されることがあります。



                血 液 検 査

血糖値 血中のブドウ糖濃度のことで、空腹時血糖値(食前)、食後(2時間)
血糖値があります。食後過血糖(食後の血糖値が高い)に注意しましょう。
正常値(mg/dl)
  空腹時:70〜110未満
  食後   :      120前後
HbA1c(グリコヘモグロビン)
血中のヘモグロビンと糖が結合したもの。ヘモグロビンの寿命は
短いため、過去1〜2ヶ月に血糖が低くコントロールされているほど
低い値を示します。HbA1cが高くなるほど網膜や腎臓の障害の頻度が高くなり、狭心症や心筋梗塞などの心疾患を招く恐れがあります。
正常値
    4.3%〜5.8%
総コレステロール
コレステロールは細胞の膜やホルモンの原料になる生体に欠かせない
物質です。総コレステロールとは、血清に含まれているコレステロール
のことをいいます。
正常値
 100〜220mg/dl
HDL-コレステロール
血液中のコレステロールはある種のタンパク質と結合して運ばれています。この結合体のことをリポ蛋白と呼びます。何種類かの血中リポ蛋白の中で高比重リポ蛋白(HDL)は、末梢組織の余分なコレステロールを取り込んで運び去る、『そうじ屋』としての働きを持っているので、このHDL-コレステロールは『善玉コレステロール』と呼ばれています。
正常値
   40mg/dl以上
LDL-コレステロール
LDL-コレステロールは末梢血管にコレステロールを運搬する『ダンプカー』としての働きを持ちます。血管を丈夫にするという大事な役割をしているのですが過剰になると動脈硬化が進むため『悪玉コレステロール』と呼ばれています。またこのLDL-コレステロールの正常値は130mg/dlまでとされていますが、病状(合併症)によってはより低い方が良いとされています。
正常値
   130mg/dlまで
中性脂肪(TG)
体のエネルギー源になる脂質で、多すぎると脂肪組織に蓄積され、肥満の
直接の原因になります。食事や飲酒により高くなります。HDL-コレステロールが低い人では、この中性脂肪の値が高くなり、動脈硬化の危険が高くなります。
正常値
    130mg/dlまで
尿酸(UA)
プリン体という物質が肝臓で分解されてできるもので、プリン体は筋肉が使われるときのエネルギー伝達物質であるため、体にとっては欠かせないものです。ですが、過剰になると体に必要ない老廃物となり、プリン体は尿酸として尿中に排泄されます。この尿酸の値が高いことを高尿酸血症といい、痛風や腎臓の病気、動脈硬化などを引き起こす原因となります。尿酸値が上昇する原因として、栄養過多、過食、激しい運動、絶食などがあります。
正常値
 男性7.3mg/dlまで
 女性7.4mg/dlまで
総タンパク

血清中に含まれるタンパクの総称のことで、血清中には7〜8%のタンパクが含まれており、各組織の栄養源、浸透圧の維持、生体防御作用などの機能を有しています。血中タンパク濃度の増減は栄養や代謝状況などを把握する上で、重要であり、タンパクの高値を示す病気として、慢性肝炎、肝硬変、慢性関節リウマチ、慢性感染症などがあり、低値を示す病気としてネフローゼ症候群があります。
正常値
 6.5〜8.0mg/dl
クレアチニン(Cre)
クレアチニンの大部分は筋肉中に存在し、筋収縮のエネルギーの供給源として重要な役割を果たしています。また腎糸球体から濾過され尿中に排泄されるため、腎機能の指標に利用されます。血清中クレアチニン濃度は、激しい運動や肉の多食によって上昇します。尿中、血清中クレアチニンの高値を示す病気として、急性腎不全、うっ血性心不全、脱水症、低値を示す病気として尿崩症、筋ジストロフィー症などがあります。
正常値
男性1.2mg/dlまで
女性0.9mg/dlまで
尿素窒素(BUN)
体内でのタンパク代謝での終末産物で、肝臓で尿中に排泄されるためクレアチニンと同様、腎機能の指標の一つになっています。尿素窒素は高タンパク質摂取で上昇し、高値を示す病気として、急性・慢性腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症などがあります。
正常値
 8〜20mg/dl


肝機能も近日追加します!






                                戻る