肺機能検査

 基本的に肺活量の検査です。
大きくできるだけ息を吸ってもらい、その後できるだけ強く早く息を吐ききって頂きます。それにより肺活量や一秒間に吐ける息の量を見ることができます。一秒間に吐ける息の量は一秒量といい、気道の狭まり具合と相関します。気管支喘息やCOPDの診断および治療に大変有用な検査です。そのほか呼吸器疾患の診断に欠かせない簡便な検査と言えます。






戻 る