心 電 図



12肢誘導心電図 心臓の電気的信号を体の表面から記録したもので、心臓病の診断に使われます。心筋肥大・心筋梗塞・狭心症(発作時)・心房および心室への負荷・心膜炎・不整脈などがわかります。
ホルター心電図 虚血性心疾患や不整脈のなかには、負荷心電図でも異常の現れないものがあります(安静時強心症など)。その場合、携帯用の心電計(ホルター心電計)を24時間携帯して、持続的に心電図に記録し、また同時に生活行動も細かく記録し、それらを照合してコンピュータで解析し診断します。
戻る