武内歯科医院 みなさまの笑顔を大切にします
安心し信頼され愛し親しまれる歯科医院を目指します!

歯周病について に戻る

 少しむずかしい歯周病の話
 

歯周病とは

日本の成人10人に8人は歯周病にかかっていると言われています。

歯肉に炎症が起き放置しておくと
出血がでたり口臭がひどくなったりし、最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気、それが歯周病です。
最近ではTVなどでも話題になった研究で
心臓病(心筋梗塞>等を引き起こす危険もある事が認められています。

歯周病には口の中だけに原因がある場合と、全身の状態が関係する場合とがあります。

原因はどちらか一方のこともあるし、両方のこともありますが、歯周病のおもな原因は口の中にあります。

歯周病には歯肉炎と、歯槽膿漏(狭義の歯周病)があります。


●歯肉炎とは

炎症が歯肉だけにとどまっているもので、歯肉が赤くはれて、歯ブラシなどによるわずかな刺激で出血します。

歯のまわりだけに原因がある
単純性歯肉炎と、全身の影響や口呼吸などと関係のある複雑性歯肉炎があります。
まれに、からだが衰弱したときに全体の歯肉が痛んではれ、同時に口内炎も合併する急性壊死性潰瘍性歯肉口内炎など特殊な歯肉炎もあります


歯槽膿漏(狭義の歯周病)とは

歯肉だけでなく、歯周組織にまで炎症が及んだものです。


はじめは歯肉から出血しやすくなる程度ですが、だんだんと進行すると歯周ポケットが深くなり、歯肉を押すと
うみが出るようになり、口臭も出るようになります。

歯肉はおとろえて歯の根が出てきます。
歯槽骨は吸収されて歯がゆるみます。
歯が移動したり、かみにくくなって、かんだときに浮いた感じがするようになります。
ほうっておくとついには歯が抜けてしまいます。
からだの抵抗力が弱いときには急性化して赤くはれて、痛み、化膿します
(急性歯周組織炎)。


・歯周病の原因

成人が歯を失う原因で一番多いのは
プラーク(歯垢)がたまって起こる歯周病です。

プラークは、糖尿病などの全身の病気や喫煙などの生活習慣病が歯周病を引き起こしたり悪化させる原因にもなっています。
                                  

細菌からできているネバネバとした薄いプラークは次第に堅くなって
歯石となります。
こうなると専門家以外では簡単に取り除けません。


間違った歯磨きをしていたり、歯医者さんにあまり通わないとプラークや歯石がたまります。

特に清掃しにくい所にたまっているのですが、これが感染を招き、次第に歯を支持している組織を破壊し、歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができます。

ポケットを清潔に維持する事は非常にむずかしく、ポケットはさらに深くなっていきます。


そのまま放置しておくと、ついには歯が抜けて、入れ歯や人工歯根(インプラント)などの治療が必要となる場合が多くあります。
健康な歯では、歯とその周りの骨を結びつけている健康な繊維歯根膜
がありますが、歯周病では歯の周りの繊維(歯根膜)や骨の破壊が起きています。


歯を支えているのは“歯肉” ではなく、そのすぐ下にある顎の“骨”です。歯肉は骨を乾燥から守る薄い肉のカバーで、歯の支えにはなりません。

プラークとは・・・

歯の表面についた白っぽいネバネバで生きた細菌を主体として、その増殖により細菌が産生する毒素を含むいろいろな細菌の塊のことで歯の表面にのりのようについているもの俗に言う歯垢のこと。

歯石とは ・・・ プラークが石灰化したものを歯石といいます。
歯周ポケットとは・・・

歯とハグキの境目の溝をいい、歯を支えている歯槽骨や、歯と歯槽骨をつなげる繊維の歯根膜が、歯垢(プラーク)に含まれる細菌により破壊され、歯と歯ぐきの間にすき間ができてしまったもので汚れが入り込むことからポケットと呼ばれています

歯周病について に戻る
アクセス・診療時間料金について診療方針治療の流れ消毒について妊娠中の方へお子様の治療について歯周病についてその他治療Q&Aリンク私のものがたりわくわくたよりたけちゃん歯科のわくわくページTOPページ
 
〒503-1332   岐阜県養老郡養老町中字川南110−1
                      Tel(0584)33-0860 Fax(0584)33-0861
Copyright (C)2006 武内歯科医院 All Rights Reserve
岐阜県養老郡養老町中の歯医者・歯科医院 武内歯科医院 養老歯科医師会所属(一般 小児 矯正 ホワイトニング 入れ歯)は垂井町、養老郡、上石津、大垣から患者様がいらっしゃいます。