竹井 夙 のホームページ
ホーム ごあいさつ プロフィール 著書紹介 夙は語る 美に焦がれる女の日記   夙の旅行記

ホーム > 夙の旅行記 > 2006年4月16日

 
夙の旅行記
 2006年 5月 9日
 2006年 4月16日
 2003年 3月
 2002年 7月 2日〜9月
 2002年 6月16日
 2002年 5月15日
 
夙の旅行記

「天むすを語る」

2006年4月16日
 
今日は、旅行記ではないかもしれないが(私は一応、名古屋市民なので)天むすについて熱く語らせていたこうと思う。

天むすというのは名古屋名物の一つで、おむすびの中に天ぷらが入ったものである。

天ぷら自体が、京都などでは、例え高級店でも大衆向けの料理だと見なす人もいるそうなので(そうなんですか? 私には理解できない)、それをさらにおむすびに入れちゃうなんて、やっぱり名古屋は田舎なのねと言われそうだが、はっきり言って、これはおいしい。

商標登録もされた、とある店の「天むす」は非常においしい。小さめのおむすびの具として、海老の天ぷらが入っているのだが、海老の天ぷらも、あげたての天ぷらとはまた違って、つゆを吸ったころもに独得のうまみ・とろみがある。

それが最高級米を使った、ほどよいかたさの上質のおむすびにつつまれている。「心をこめて手で握りました」とお店の紹介にも書いてあるとおり、握り方もきつからずゆるからずだ。ご飯・おむすび自体のうまみもさることながら、食感も素晴らしい。おむすびを噛み切るときに、つゆを吸ったやわらかい、海老の天ぷらのおいしい衣がじゅわっと出てくるのがたまらない。

味は調和しているのに、二つの違う食感が入り混じっているのがまた素晴らしい。

こういうおいしさもあるのかと感動していただけると思う。

実際これは名古屋に訪れた有名人の昼食、軽食、おみやげにも使われているそうだ。一つ一つが小さめなので、女性が人前で食べても品を損ないにくい所もポイントであろう。

私の憶えている範囲では、これは、今、資料が手元にないのでうろ覚えなのだが(違っていたらすみません。ご著書が多い方ですし、今、別の場所で書いているので)、作家の椎名誠先生も、天むすはおいしかったと書いていらっしゃったはずである。

また、これはそのショーを見たので、ご本人がステージの上でおっしゃるのを直接聞いたのだけれど、バレエダンサーの熊川哲也さんがトークショーで名古屋に来られたとき、
「さっき天むす食べたけど、あれ、おいしいね」
とおっしゃっていた。

多分、そのお店の天むすだと思う。

なぜかいうと、私がいつも買うお店の天むすは、商標登録されているからなのである。

また、これを書くにあたって、そういえば、あのお店の名前は何と言うのであろう、と思い、お店でもらったカードを見たのだがよく分からない。

そのため電話をして聞いてみたのだが、なんと、そのお店の名前自体が「天むす」というのである。

最初びっくりして、
「本当ですか? お店の名前が『天むす』!?」
と聞いたら、

「本当です。商標登録しているんですが、その名前も『天むす』です」
と言うではないか。

こうして書いていても本当だろうか、と思うのだが、そう言われたのである。

突然敬語になりますが、嘘ついて何になりますか。

ちなみに、この天むすは、「本店」、松坂屋駅店、松坂屋本店、近鉄名古屋店、セントレア店があるとの事です。

本店は、お店でもらった資料に、電話番号しか書いてないのですよ。駅から少し遠いらしいですが。

私がいつも買う松坂屋駅店や、近鉄名古屋店は、売り切れでなければ大抵、持ち帰りのかたちでありますし、値段もそんなに高くありません。ですが、他は違うのかもしれません。

一つ一つ、人がにぎる、手づくりだそうですので、お買い求めのさいはどうかお早めにご注文を…とお店の資料に書いてあります。手づくり、しかもこの種のものは、量産できないのでしょう。ですから、電話番号を書くのはちょっとやめておきます。

松坂屋駅店は、JR名古屋駅前の松坂屋の地下一階にあります。よその方はここが一番買いやすいかもしれません。

その松坂屋は、JR名古屋駅からすぐなのですが、JR名古屋駅は広くて出口が複数あるので、間違えて出ると全然別の方向に行ってしまいます。観光案内所などに聞く、などして、迷わないように気をつけてネ。

その他のお店に関しては、上記の理由で書くのをひかえておきます。でも有名なお店ですから、調べれば分かると思います。

それとセントレア店は無休、あとは定休日やサービスがまちまちだとの事なので、もし行く場合はどうか確認をお願いいたします。


それと最後に、話が逸脱しますが、私はほとんど、というかバレエは全然見ないのです。

オペラもバレエも、歌舞伎も、嫌いというわけではないのですが、あまり好きではないです。

理由はただ一つ、長いからです。

身も蓋もないように聞こえるかもしれませんが、長いから肌にあわないんです。

私は元々、劇場が苦手です。劇場に入ったら、そこは共有のスペースですから、他人の感動を損なわないようにマナーを守るのが礼儀でしょう。自分のペースで出たり入ったりできないのが嫌なんです。しかもあの分野は、長い時間拘束されるので、私は苦手なんですよね。

でもこの前、義理でオペラを見に行かされたら、八歳ぐらいの小さな可愛い女の子が、最初から最後まで静かーに舞台を見ていたので、いまどき何てしつけのいきとどいた子なんだろうと感心してしまいました。途中で立ち上がって、指揮者の真似事なんかはしたんですけれど、舞台から目を離さない、一言も言葉を発しないのです。好きなのかもしれないですが、好きだと、子供は騒いじゃう場合もあるでしょう。きっと、親はよっぽどできた人なのですね。

そういうわけで、バレエは好きじゃないのですが、熊川さんはテレビで見たら素晴らしい踊りをされる方でしたし、友人に誘われたので行ったのです。独立する前、まだバレエ団に所属していらっしゃった時ですね。

それと、実はもっときつそうな方かと思っていたのですが、熊川さんは、凄く感じのいい方でしたよ。

話し方はキッパリしているんですけれど、言う事を聞いていると、いい人なんだろうなって感じ。

以下は私の記憶なので、読者の方々もそう思って聞いていただきたいのですが、確か、司会者に、いつか子供が出来たらダンサーにさせたいかと聞かれて、させたかったらさせるけれど無理やりはさせない、親の七光りが通じる世界じゃないし、不安定な職業だという事を、確かおっしゃっていたと思います。

いずれにせよ、さっぱりした、性格の良さそうな方でした。

雑誌でも、謙虚な人だと書いてあったのを見た事があります。ああいう厳しい世界ですから、あえてきつそうに見せているのでしょうか。

そういうわけで、あれから私は、あいかわらずバレエ自体も見ていないのですが、独立してもう随分になるのにご活躍されているし、新聞や雑誌で熊川さんを見ると、あー、これからも頑張って欲しいなーと思うんですね。ちなみに最近は、今月号・五月号の『婦人画報』にインタビューで出ていらっしゃいました。

ファンを大事にされる方だそうなので、ファンの方々もバレエの好きな方も、これからもますます、熊川さんを応援してあげてくださいネ。
 
 前の旅行記へ  夙の旅行記トップへ 次の旅行記へ 
 
 ページのトップへ
 
当サイト内全ての文章などの無許可転載を禁止します。
  Copyright (C) 2007 竹井 夙のホームページ All Rights Reserved.