竹井 夙 のホームページ
ホーム ごあいさつ プロフィール 著書紹介 夙は語る 美に焦がれる女の日記   夙の旅行記

ホーム > プロフィール

プロフィール
二〇〇七年七月三十日更新

・名前

竹井 夙(たけい とし)
   

・性別

   

・学歴

立教大学文学部フランス文学科卒業
   

・尊敬する人

マザー・テレサ/ 日野原重明先生 上野正彦先生
(年齢順、以下もそうです)
   

・読書で好きなジャンル

ノンフィクション(特に旅行記)と兵法書です。昔の作家では三島由紀夫を尊敬します。作風もさることながら文章が物凄くうまいから。『今昔物語集』歯切れがよくて男っぽい、その時代にしては異色の存在だと言われているから。あと、中国の古典の兵法書や、三島由紀夫の『葉隠入門』も好きです

こう書くとあっち系の方のように取られそうですが、そうではないのヨ(その分野は他の人におまかせします)。ただ実利的なものや、切味が良くて迫力のあるものに憧れるのです

今生きている人で尊敬する作家は、上野正彦先生(『死体は語る』シリーズの方)、椎名誠先生、平野啓一郎先生、『バックパッカーパラダイス』(旅行人)のさいとう夫婦
   

・尊敬する芸術家

黒澤明、画家のバルテュス
   

・趣味

旅行、料理、読書(漫画もふくむ)、きものを着ること。おいしいものを作って食べたり、買って食べたりすることです。もちろん外食も

あとは語学を習うこと。英語は昔英語検定準一級をとりました。今は日常会話程度です。フランス語は、今の段階では、意思は通じるけれどかなりブロークンです。フランス文学科卒なのにもっと頑張らなくてはいけませんね。中国語も勉強してみたいと思っています
   

・好きな場所

(1) 自宅 家でちょっとお酒などのみながら、手づくりの料理を食べてテレビを見るのが結局、一番楽しい

(2) 中国(旅行先として) 文化遺産が豊富、中華料理も大好き。人々の自己主張が激しく、熱くて刺激的。でも理解はなかなかできないかもしれない

(3) イタリア(同) 文化遺産が豊富で人々が陽気だから。明るいのはいいです
   

・好きな食べもの

中華料理。特に、麻婆豆腐、サンラータン(酸味と辛みのあるスープ)、ふかひれのうま煮など、とろみがあって消化の良いもの。ふかひれは安くて良い食堂があるので時々食べています。台湾のレストランのディンタイフォンはショウロンポウで有名ですが、サンラータンもおいしいです。日本にも出店されています

お酒は紹興酒、もしくは、ごくたまにしかのめないけれどシャンパンが好きです
   

・性格

本当は「平和、のんびり、明るく笑うこと」が大好きです。「竹井さんって、悩みがなさそうでいいよねえ」と言われることもあります。私自身もそうありたいけれど、現実を見つめてみれば、そう望むのは悪気がなくとも実は少し図々しいことなのかもしれないような気もする

案外喜怒哀楽が激しい。気弱で臆病な反面、情熱的で強いエネルギーがある。占い師に「あなたは物凄い弱さと強さが入り交じっている人だね」と言われましたが、そうかもしれません
   

・長所 / 短所

自分で長所だと思っている点は、常に客観的な視点で人や物事を見ようとしているところ。好き、あるいは自分の得になるから「良い」、そうでないから「悪い」、あるいは、どちらでもないからといって、何かをむやみに美化したり、卑下したり、無視したりはしないようにしています

それと、あまり人に嫉妬をしないだとか、比較的裏表が無くてあまり嘘をつかない所でしょうか。これも場合によっては良いとは限りませんけれど。難しいものですね

最後に、あやまちを繰り返さないようにする、自分の欠点を直そうとしている、という意味で、常に学習しようとしているところ。母親に「あの子(私のこと)は二の舞は踏まないよ」と言われて嬉しかった。でも今辞書で引いたら、二の舞の意味が微妙に違っているような気がしますが、突っ込まないでください

欠点は、詳しいことは秘密です。あたりさわりのないところでは、比較的潔癖、病的な暑がりで紫外線・昆虫がとても苦手なことなど。また、上記の長所が裏返せば欠点になる場合もあると思います
   

・得意料理

圧力鍋を使った料理です。合理的かつ経済的、薄味でもおいしい料理がつくれる、つくりおきができる、家庭料理にこんなに役立つものはないと思います。いつもではありませんが、ミネストローネは鶏がらのスープを取るところからやります。でも凄く簡単。中華料理をつくるのも好きです
   

・好きな映画・本

黒澤明監督『隠し砦の三悪人』最高です。 話を全部忘れてもう一度見られたらどんなにいいか。けれどすべて頭に焼きついています。『スター・ウォーズ』にも影響を与えたそうです。あとは司馬遼太郎の『燃えよ剣』、シャーロック・ホームズ・シリーズ、青池保子の『エロイカより愛をこめて』(漫画)。「夙は語る」の最初の方にも書きましたが、ミステリチャンネルでやっていた『刑事タガート』というスコットランドのドラマなど
   

・好きな音楽

音楽より静寂が好きです。あと、竹林の中を吹き抜ける風の音だとか。なかなか聞けないのですけれど
   

・夢

美人になること、作家になること。それとやっぱり、幸せな家庭を持つこと

自分の文章、読者の皆様、私自身、書かせていただく対象、そのすべてを可能な限り尊重したうえで、自分と他人を少しだけ幸せにできる文章を書けたらと思っています
   

・憧れの女性

フランスの歴史上の人物、ディアンヌ・ド・ポワチエ、イタリアの女優モニカ・ベルッチ、萬田久子。その年齢なりの独自の美しさを感じさせるし、仕事で成功しかつ私生活も幸せそう、でもあまり自慢(苦労自慢もふくむ)をしないのが凄いと思います

いずれにせよ美しくても驕らない、幸せそうな、自然体の女性に憧れます
   

・好きな女優

上記の人にくわえてマリリン・モンロー、フランスの女優イザベル・アジャーニなど
   

・好きな俳優

黒澤明の映画に出てくる三船敏郎、フランス映画『勝手にしやがれ』主演のジャン=ポール・ベルモンド、無声映画時代の美男スター、ルドルフ・ヴァレンティノ。最近の人では、中国映画『グリーン・デスティニー』などに出ている台湾の俳優の張震(チャン・チェン)

彼ら俳優・女優に一貫した共通点があるのに気がついてくださったでしょうか

でも、現実に好きな人はこれにこだわりません。夢と現実は、重なることはあっても基本的にまったく別のものです。現実の世界で、一緒にいて心が満ちたりる人、喜びや苦しみを分かちあってくれる人が好きです
   
   ページのトップへ
当サイト内全ての文章などの無許可転載を禁止します。
  Copyright (C) 2007 竹井 夙のホームページ All Rights Reserved.