竹井 夙 のホームページ
ホーム ごあいさつ プロフィール 著書紹介 夙は語る 美に焦がれる女の日記   夙の旅行記

ホーム > 夙は語る > 2010年 > 3月23日

 
夙は語るメニュー
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 2007年
 2006年
 2002年
 
夙は語る
何でもありのエッセイです。

「祝 黒澤明生誕百年/お知らせ」

2010年3月23日
 
あれから二週間が経ちますが、それだけの期間で、私なりにでも黒澤明について書くなんて、とんでもないことだと気がつきました。

この間、文中で彼をどう呼ぶかで、すでに、まだ悩んでいます。

有名人はだいたい呼び捨てですけれど、彼だけにはそれをしたくないのですよ。

何か敬称をつけて呼びたいのです。でも、私が「先生」っていったら、変じゃないですか。故人ですし、生前に面識があったわけでもないのですから。

仕方がないので、うちでは彼の話をする時、おもに「黒澤監督」と呼んでいます。
けれど文中でいちいち「黒澤監督」、あるいは「監督」っていってもおかしいですよね。日本語は本当に難しいものです。

それと、もし良いものが書けたら他にまわしたいので、この話はなかったことになるか、かなり先になると思います。

また重なって申しわけないのですが、諸事情により、次の更新は、どうしても四月初めになります。

それ以降はできるだけ毎週何かお知らせするようにしますので、どうか見捨てないでください。引き続きここをみてやってください。私は「黒澤監督」じゃないですからね。

いずれにせよ、百年前の今日に彼は生まれました。記念すべき日です。なんといっていいのか分かりませんけれど、おめでとうございます。
 
 前のエッセイへ  夙は語るトップへ  2010年トップへ 次のエッセイへ 
 
 ページのトップへ
 
当サイト内全ての文章などの無許可転載を禁止します。
  Copyright (C) 2007 竹井 夙のホームページ All Rights Reserved.