2015産愛馬のご紹介
(無抽選&抽選突破組=出資愛馬は上の方に、抽選落選組=心の愛馬は下の方に備忘的な意味で書き残す)

【出資確定愛馬】

ドラ1
44.デサフィアンテ
メス 父キングカメハメハ 母アヴェンチュラ 栗東・角居厩舎 6000万


2016.09.16
バツ2抽選の結果出資確定。バツ2でも抽選ってスゲーな。一口で初の角居厩舎となった。

2017.02.10
名前が「デサフィアンテ」に決まった。「挑戦」という意味のスペイン語だよ。

2017.08.29
本州へ移動。

2017.09.22
栗東入厩。

2017.10.05
ゲート試験合格。

2017.11.28
鼻汁に血が混じるということで一旦しがらきへ。残念。

2018.02.18
デビュー戦…3着(2人気)。まずまずの走りで一安心。





ドラ2
01.エクストラブレンド(ウルトラブレンド15)
牡 父ディープインパクト 母ウルトラブレンド 美浦・手塚厩舎 10000万


2016.09.16
無抽選にて出資確定。筋肉の質がレプランシュやリアルインパクトに似たものがあると感じた。単に鹿毛馬の皮膚の質感かもしれないけれど。母はオールウェザーのG1・クレメントL.ハーシュS(1700m)の勝ち馬。NHKマイルや安田記念を意識した美浦所属だと思っている。

2017.02.10
馬名が「エクストラブレンド」に決まった。意味は「究極のブレンド」、良い名前じゃん。

2017.04.01
調教中に故障発生。安らかに眠り給え。



ドラ4
62.クリストフォリ(フォルテピアノ15)
父ヘニーヒューズ 母フォルテピアノ 栗東・安田厩舎 2000万


2016.09.16
かなり厳しい抽選を突破して出資確定。一般だと落選の方が多かったと思う。クラフティワイフの牝系でサンデーとキンカメが入っていない血統構成なので、あわよくばOur Bloodに加われないものだろうか。2歳から使えればオンナアジアエクスプレスまで期待。

2017.02.10
馬名が「クリストフォリ」に決まった。クリスト・ホリとかどこの日系3世だよ。

2017.06.07
本州へ移動。

2017.08.25
ゲート試験合格。

2017.08.30
骨軟骨腫(オステオコンドローマ)の疑いで北海道へ戻る。





ドラ5
65.ピュールフォルス
父ダイワメジャー 母ピューリティー 栗東・松永幹夫厩舎 3600万

 
2016.09.16
一般申し込みの抽選は当選確率50%くらいだったのでは、と想像している。愛馬初のダイワメジャー産駒、一口初となる松永幹夫厩舎は果たしてどうかね。

2017.02.10
馬名が「ピュールフォルス」に決まった。変な名前。

2017.08.25
栗東入厩。

2017.09.08
ゲート試験合格。

2017.10.14
デビュー戦…6着(3人気)。パワータイプなら中京の坂が向いていそう。

2018.04.21
2戦目…5着(3人気)。半年ぶりをプラス18キロで走って0.4秒差の5着ならまあまあだ。

2018.05.05
3戦目…6着(3人気)。まさか優先権なしの結果とは…。3コーナーから4コーナーにかけてもっとタイトに回れんもんかね。2ハロン目、3ハロン目がそれぞれ10.7秒、10.9秒で、そこで脚を使ってしまった感じ。次走ダートという選択肢はあるのか?





ドラ6
10.サザンスパークル(ジンジャーパンチ15)
父ハーツクライ 母ジンジャーパンチ 美浦・大竹厩舎 7000万


2016.09.16
無抽選で出資確定。カタログを見た時「この馬種牡馬になるんちゃう?」と思えた。実際見たらオーラは感じなかったけれど(笑)。(ちびまる子の歌風に)前の繋ぎがモヤッと〜♪(モヤッと〜♪)、だそうで、無理せず完成を待ちたい、そんな馬なので大竹は良いんでないかい?

2017.02.10
馬名が「サザンスパークル」に決まった。オイオイ、種牡馬になったら略称SSじゃねーかよ(まんざらでもない)。

2017.09.11
引退。他の馬がバリバリ競馬場で走っているこの時期に調教を積めないならばやはり競走馬としては厳しいよね。馬の頑張り、携わった人の尽力に敬礼。





ドラ7
06.エルディアマンテ
父キングカメハメハ 母ディアデラノビア 美浦・国枝厩舎 5000万


2016.09.16
ディアデラノビアの仔で一番良く見えたのはマドレだが、それに劣らない出来の良さに見えた。募集時の馬体重が406キロで、それで多少抽選を通り易かったのかな。

2017.02.10
馬名が「エルディアマンテ」に決まった。男性名詞がどうのこうのというより、なんで無理にスペイン語にしたのか。ただ、「エル」から始まる馬名は牡セン400頭に対し、牝532頭で、メスに付けたい文字列なのかね。

2017.08.28
NF天栄に移動。

2017.08.30
美浦入厩。

2017.09.08
ゲート試験合格。

2017.11.18
デビュー戦…2着(1人気)。ディープ産駒に切れ負けしたものの、3着馬には6馬身差だから勝ちに等しい。勝ったレッドベルローズの次走はエルディアマンテがどのくらいやれるかの参考になるだろう。

2017.11.29
約3年半しか競走生活のない牝馬のコメントで「長い目で見ながら」という表現に違和感を覚える。分かっているのかなあ。

2018.02.18
2戦目…3着(1人気)。ウチパクに意地悪されたわ。それにしても勝ったムーアはやっぱ上手いわ。今日で帰国だからモチベーション高くないだろうとタカくくってたら良い仕事していますわ。あれは職人だね。

2018.03.04
3戦目…3着(1人気)。エルディアマンテで逃げて勝ち馬ラブラブラブに外からスパッと差し切られて3着、6レースのラムセスバローズで外を回して差して勝ったルメール、弥生賞の試走ですかね。ルメールはリアファルで逃げて勝っているので安心して見ていたが今日は外有利だわ。





ドラ9
16.アンフィトリテ
父ロードカナロア 母アドマイヤフッキー 美浦・宗像厩舎 2400万


2016.09.16
抽選なしで出資確定。母母トキオリアリティー、父父キングカメハメハで、牝馬とはいえ見栄えの良い馬が走りそうだと思った。募集時の馬体重が460キロだから短距離で勝負するには丁度良い大きさになってくれるだろう。宗像厩舎って良い話聞かないけれど実際にはどんなもんかねえ。

2017.02.10
馬名が「アンフィトリテ」に決まった。ハワイ語系統で延びると思いきや、ここで海神系統に路線変更。

2017.06.07
本州へ移動。

2017.06.21
美浦入厩。

2017.07.06
ゲート合格。

2017.09.18
デビュー戦…1着(1人気)。今日の感じだったら1400mもいけるんちゃう?トキオリアリティーの仔は総じて晩成で、かつロードカナロアも晩成だったので、期待も大きいが、5歳での完成をビジョンとして描いて良いと思う。

2017.12.16
2戦目(さざんか賞)…1着(1人気)。さすがルメールやわ。牝馬は一瞬の切れがあるからあれで正解なのね。

2017.12.31
2017年スナHD年度代表愛馬に選出。主な戦績:2歳新馬戦優勝、さざんか賞優勝。

2018.02.24
3戦目(マーガレットS)…1着(1人気)。スタート良し、折り合い良し、終い良し、優等生の走りだった。溜めれば切れるし、前でも競馬作れるし、出たなりの、メンバーなりの競馬を考えられるのは大きな強み。若菜賞組が強いと思っていたからそれらに先着したのは自信になる。若菜賞組、この後ファルコンSとか500万条件とかでも好走しそう。





ドラ10
79.バイオレントブロー
父バゴ 母バイオレントハート 栗東・佐々木厩舎 2000万


2016.09.16
無抽選で出資確定。牡の黒鹿毛は馬体詐欺に要注意。佐々木厩舎は信頼厩舎なので心配なし。募集時の馬体重が450キロの割に体高があって大きく見せていた。大きく見せるといえば私の中ではリアファル、リアファルから受けるあの威圧感みたいなものを感じたので、それに賭けてみたい。

2017.02.10
馬名が「バイオレントブロー」に決まった。良い名前。強烈な一撃「バゴ!」、的な〜。

2017.04.13
15産愛馬移動第1号。早期デビュー=能力の高い馬、思っているので素直に嬉しい。

2017.05.06
栗東入厩。まずはゲートを通して一旦放牧だろうけれど。

2017.05.12
ゲート合格。そのままデビューを目指せるとは、これは楽しみだ。

2017.06.03
デビュー戦…2着(6人気)。「長く良い脚を使える」ならあの乗り方はもったいないよね。

2017.06.24
2戦目…1着(2人気)。新馬2着の後しっかりと勝ち上がる馬は能力が相当高い、というイメージがある。その通りでありますように。佐々木先生&和田ジョッキーは愛馬ルクソールシチーが中京のはなのき賞で勝った時の組み合わせで、何だか嬉しいね。

2017.10.07
3戦目(サウジアラビアロイヤルカップ)…13着(14人気)。人気上位の馬ともそんなに差がないんじゃね?と思っていたけれど全然違うわw。勝ったダノンプレミアムはどれだけ強いんだろうね。

2017.12.02
4戦目(シクラメン賞)…4着(5人気)。メンバーが揃った中で4着は上々。最後も伸びて2着馬3着馬とは差を詰めているので、4角先頭からの突き放しが合うと思う。今日は内を回って前を捌かなければいけなかったので仕方なし。むしろああいう乗り方は歓迎の口。

2017.12.24
5戦目(千両賞)…5着(3人気)。母父ダンスインザダークだから距離を伸ばしたいが、今の気持ちの入り方だと難しいだろう。

2017.12.31
スナHD最優秀2歳牡愛馬に選出。主な戦績:2歳未勝利戦優勝。

2018.01.20
6戦目(若駒S)…4着(6人気)。4コーナーのコース取りウマーッ!




ドラ11
55.ヘヴンリーブライド
父ロードカナロア 母ビアンカシェボン 栗東・浜田厩舎 1800万

 
2016.09.16
無抽選で出資確定。メスの黒鹿毛1800万といえばフロアクラフト。スナHD黒鹿毛伝説の後継馬とならん活躍を期待。具体的には4勝とか、小倉2歳S優勝とか。この馬もフッキー仔も母父フジキセキなので、フロアクラフト17も父カナロアかもしれんね。

2017.02.10
馬名が「ヘヴンリーブライド」に決まった。俺の馬ヘヴンリーブライドっつうんすよ、とかちょっと恥ずかしくて言いづらい。

2017.05.10
本州へ移動。

2017.05.12
栗東入厩。

2017.05.31
ゲート合格。

2017.08.09
他の馬に蹴られる。ここまで一つ一つ積み重ねてきた馬と人との信頼関係が損なわれないか心配。

2017.09.23
デビュー戦…6着(3人気)。スタートを出す、好位で追走、最後頑張る、という実戦形式の練習だと思って。今日の馬場は完全に内有利の馬場で、内2頭分くらい動く歩道にでも乗っているのかという感じだった。イーブンの馬場で、京都の平坦で、色々見てみたい&試してみたい。

2017.10.14
2戦目…3着(7人気)。スタートが良くなった分結果も上向きに。切れない協会入会かな?

2017.12.23
3戦目…4着(11人気)。荻野極ジョッキーの好騎乗。2歳で3戦走れる丈夫さも喜ばしい。

2018.01.21
4戦目…11着(4人気)。前走が1分23秒0、今日が1分25秒5だからコースや馬場状態次第でまだまだやれるはず。小倉の1200mなんか向いていると思うんだよね。

2018.03.24
5戦目…6着(3人気)。池添ジョッキーの逃げに感謝。今回を踏まえ次走を考えると、ヘヴンリー自身は芝向き、相手関係でダートもありうる、という感じだろう。ここは芝で勝負して欲しいなあ。逃げて最後脚が上がるとつい距離が長いと思いがちだが、むしろ延長した方がテンのペースが緩かったり、道中息を入れられたりで走りやすくなる時もあるから、1200mにこだわりたいという厩舎の判断も尊重するけれど、1400mも視野に入れてほしい。

2018.05.20
6戦目…13着(6人気)。角を矯めて牛を殺すことなかれですわ。好スタートから抑えて周りを馬だらけにして馬にストレス与え、外回して脚を失くさせ、敵は他馬じゃなくて鞍上だった。あれじゃ馬が可哀想。





ドラ12
61.ルべライト
父ヘニーヒューズ 母ヴェルデライト 栗東・吉村厩舎 2000万


2016.09.16
抽選突破で出資確定。募集時の馬体重が414キロだが5月生まれなので大きくなるでしょ。「人が大好き」という性格、カワイイ顔に魅かれて出資を決意。「馬同士になるとすぐに喧嘩をする、めげないので毎日1コずつ傷が増えていく」ところは競走に行ってプラスに働いてくれるに違いない。

2016.10.30
ウィズワンアセントのレース選択騎手選択を見ていて「この厩舎ヤバイな」と。

2017.02.10
馬名が「ルべライト」に決まった。近年更に加速する「○○○ライト」ゴリ押しが嫌。

2017.08.26
NFしがらきへ移動。

2017.10.06
ゲート試験合格。

2017.11.03
デビュー戦…5着(5人気)。狭い所を苦にしないのは良いね。ダートに変わって楽しみだ。

2018.03.04
2戦目…2着(3人気)。康太騎手小倉の乗り方上手いね。前走から「芝続戦の距離延長」と、予想の真逆できたから次走はさっぱり予測つかない。

2018.04.01
3戦目…8着(7人気)。「メンバーを見て少しでも弱いところを狙ってまずはひとつ勝たせてあげたい馬ですね」(藤岡康太)
兄が調教師の判断選択を是とするのに対し、弟はやんわりと「今回のような強いメンバーではなく、まず1つ勝とう」という意見を言ってくれるのね。悪意に取ったらこれ調教師のレース選択批判だからね。誤解を恐れずに言ってくれる男前やん。





秘密兵器
21.クロスデスティニー
父ヘニーヒューズ 母クロストウショウ 美浦・奥平厩舎 1200万

 
2017.01.16
残口警報が出たので1口出資。奥平だから1口だけ。奥平と分かっていて出資したのだからどんな処遇に遭っても文句を言わないマイルール。

2017.02.10
馬名が「クロスデスティニー」に決まった。良い名前。

2017.09.03
ツアーにて。
いつでも天栄や美浦に送れる状態。/ヘニーヒューズなので短いところだが、伸びがある体型なので1600くらいも行けるんじゃないかと思う。/脚元は最初からあまり不安がなくて、それよりも肩の方に疲れが出てきてしまって、その疲れが抜け切るのに時間がかかってしまった。走るとそういうところを見せずに走ってしまうので気が付かなかった。/デビューはダートだと思う。今の芝のレースは強い馬が揃っているので、レースの無駄遣いをしないためにも、まず1つ勝つ。/音に敏感でメンコをつけている。別にうるさい訳ではない。

2017.10.07
美浦入厩。

2017.11.10
ゲート不合格。そりゃあゲートばかり1ヵ月もやらされたら嫌になるでしょ。他の厩舎見ていると入厩から1〜2週間でゲート合格しているものね。でも奥平と分かって出資した以上、どんな目に遭っても文句は言わない。

2018.03.31
デビュー戦…2着(7人気)。全然期待していなかったら2着でびっくり。初出走で1分13秒1ならまずまずじゃないの。





【抽選に落ちた幻の愛馬】

ドラ3
52.シンハリーズ15→シンハラージャ
父オルフェーヴル 母シンハリーズ 栗東・石坂厩舎 12000万


2016.09.16
残念ながら縁がなかった。小さい体を嫌われて一般まで回って来たから惜しかったなあ〜。

2017.12.24
新馬戦で4着(2人気)。



ドラ8
08.バロネスサッチャー15→グランサム
父ハーツクライ 母バロネスサッチャー 美浦・古賀慎明厩舎 4000万


2016.09.16
2歳から行ける血統だからウチ向き(笑)だったんだけれどなあ〜、残念。

2017.08.27
新馬戦で7着。