aa aaaaa aaa































山野草を楽しみながら山上湖をめざそう!

J
R身延線市川本町駅下車~四尾連湖畔 水明荘

所要時間 約3時間 全6km


JR身延線市川本町駅下車、碑林公園まで15分。
公園脇より登り始め途中には展望台もあり。

南アルプス、八ヶ岳、甲府盆地も一望できる。
季節ごとに山野草を楽しみながら、
湖を目指すことが出来るコース。






JR市川本町駅

ここから登山道入り口
碑林公園を目指します。





駅から車道にでて右に曲がります。

   
 約300m車道を
歩いて行きますと
右折する看板があります。





看板を右折して直進すると
踏み切りがあります。






踏み切りを越え、直進し、階段をのぼります。






階段をのぼりきると水玉模様の道路にでます。
そのまま直進してください。



   
直進しますと、左手に中学校、
左手前に碑林公園が
みえてきます。

  




碑林公園入り口です。

   
  碑林公園

トイレあります。



   
  登山道入り口






ここから四尾連湖を目指します。










コース途中から天気がいい日は南アルプスが一望できます。



途中、展望台へ立ち寄ることもできます。








展望台からは甲府盆地、
南アルプスが一望できます。




展望台にはのろし台跡があります。







展望台を過ぎると眺めがいい
あづまやがあります。





あづまやを過ぎると沢へ降りる箇所があります










沢を過ぎるともうひとがんばりです。





野沢一文学碑から四尾連湖まで
めざして降りてきてください








子安神社と両面ヒノキ
所要時間 水明荘より片道 約15分






湖畔の森の中にある神社。
木花咲耶姫(このはなさくやひめ)が、
富士山の噴火の折、四尾連湖に来て
子供を生んだといわれている
安産祈願の神社。境内には、通称
『頼朝の箸ヒノキ』と言われている
根周り、約12m樹齢400年の
2本の巨樹もみられる。









野沢一文学碑公園
所要時間 水明荘より片道 約15分









昭和3年から約5年間湖畔に
丸太小屋を建てて、
詩作にふけりながら
独居生活を送り、自らを四尾連の
『木葉童子』と称した山梨県出身
の詩人の碑。
高村光太郎との書簡による交流も
知られている。
甲府盆地が一望できる高台。




このページのTOPへ