【日本丸】


<karukera1>

<karukera2>

<karukera3>

<karukera4>

<karukera5>

<karukera6>












 

温故知新!ふと思いついて、カメラを片手に、「古寺巡礼」の旅にでました。


 初めは、北鎌倉、長谷などを巡りました。大変興味深く、密度の濃い時間を過ごせました。これに、味を占め、海外にも足を延ばすことにしました。

 まずは、シンガポール。箱庭の様な国。一箇所で多くの文化要素に出逢えると考えました。寺の入り口で、バックパックを背負い、磁石を片手にうろうろしていると、地元の老婆に笑われました。船の舳先のような形をしたお寺の入り口は、何故かピタリと西南の方角を指していました。

 次に、台湾。シンガポールと比較したくなったのと、大日本帝国の版図を歩いてみたくなったので…。台湾では、シンガポールに比べて、宗教が死んでいるように感じました。

 続いて、韓国。実際に、自分の目で確かめてみなくてはならないと考えて…。なんだか外国のような感じがしませんでした。初めてなのに、自分のホームグラウンドに帰ったような不思議な感覚。36年の日帝支配の結果とはとても考えられませんでした。

「宗教」をテーマとしたバックパッカーの一人旅の記録です。ご笑覧いただければ、幸いです。

それでは、出発!


令和2年1月12日