祖母傾展望研究

時に違う山に行ったとき、いつも登る山がその山頂から見えたときの感激はひとしおである。何が見えるのであろうか調べてみると、次なる山への興味が湧いてきます。そしてまた立ち返って、いつも登る山の見慣れた風景も実に多くの情報を含んでいることがわかる。祖母山から宝満山が見え、多良岳も見えます。

 INDEX→
.

■山座同定とは

天気のよい日を狙って双眼鏡と20万分の1の地図を用意して山頂からの展望をじっくり観察してみよう。地図上の地形と実際の山が一致したときは山を同定したという。はじめは近くてはっきりしたところから始めて次第に遠い山に移っていく。

■視程が効くことが決め手

展望登山は山頂からの展望を見るための登山である。いかに視界つまり気象用語は視程がきく日を選ぶかがすべてのポイントになります。そのため天気図や気象衛星の写真を日頃からよく研究しておくことが大切。 各季節での傾向。

○春
黄砂がしばしば発生して展望登山には最も不向きな季節といえるが五月で気温が低い時に登ると視界が広がる時がある。

○夏
一見不向きな季節と思えるが実は日数は少ないが最も適している。気圧では太平洋高気圧が強まりつつある時や、弱まる時を狙うとうまくいく。等圧線が込んだ部分に九州に掛かると視界がよくなる。

○秋
安定した日がつづくが夏程、視界がきかない。9月が安定している。

○冬
秋と同じだが豊後水道に雲がいつも掛かっており、四国は望めない。よく雨後に空気中のゴミが払われて見通しがよくなると言われるが、どうもそうではないようである。雨の量が少ない時は逆に靄がかかってしまう。かなりの量の雨、注意報が出る程度の雨が降らないとダメである。経験では9月がよい。次が5月がよく、低い山なら四国をあきらめることになるが冬がいい。
○時間帯は午前中を狙おう。 午後より日の出から11時ごろがよい。

INDEX→


●山座同定に必要な道具

○20万分の1や50万分の1の地図その山頂から明確に同定できる山、大船山、由布山、彦岳、大崩山、市房、国見岳などに線を引く。祖母傾では「大分」「中津」が必要ですが九州全図やより広い50万分の1の地図で四国や中国地方をカバーする。
○7倍程度の双眼鏡:さらに詳しく観察するため。
○糸:20万分の1の地図の上で線を引いて見る。
○望遠レンズ105mm〜150mmのカメラ。
0.5〜1.0程度アンダー気味にするとコントラストがついて見やすくなる。PLフイルターもよい。白黒なら赤色フイルターを使用してみよう。



■展望図の見方

・INDEX項からどこからでも見て下さい。
・左右に長くなっていますので横スクロールで見て下さい。
・360度の展望を8葉に分割しています。
・ただし傾山は西がありません。
・各方角によって縮尺が違います。
・現在地はピンクで示しています。

●祖母山から見える山
石鎚山は大障子岩と前障子岩の間で臼杵市の姫岳の左上に見えます。
韓国岳は市房山の右に見えます。後は展望図を見てもらいますが、西やの北の展望に興味が湧きます。

●傾山から見える山
石鎚山は八戸台と彦岳の中間に見えます。その他では東から北東にかけての展望に興味があります。中国地方の山々も国東半島の上に見えます。
韓国岳は市房山の左下わずかに見えます。

やはり数多くの山に登るのが展望登山の楽しみだろう。特徴のある山は西では鞍が岳、釈迦岳、東では彦岳など

●高千穂の峰が見える山
障子岳と古祖母山と本谷山で、障子岳と古祖母山の方が明瞭で市房の左に見えます。また祖母山からは山頂は見えないが市房山の左に山腹が見えます。

南十字星は見えるか
祖母山の山頂の緯度は約北緯32度50分です。そうすると赤緯−57度10分から北の星空が見えるはずですが、地球が丸いためもう少し南まで見える。だいたい赤緯−58度から北となります。この付近の星はエリダヌス座のアルファ星「アケルナル」が見えるはずだ。10月の夜21時頃南中する。そして南十字星はガンマ星のみ見えそうで南中時刻は4月の夜21時頃。

●この展望図は展望図作成ソフト「カシミール」と国土地理院発行の数値地図50mメッシュをベースに利用して地図を参考に実際に見える風景の情報を入れました。

祖母山の展望図をA4で印刷できるようにしました。
 以下のsobovew.lzhという部分を押すとダウンロードのウイザードが出ますので適当なファイルフォルダを選択して落として下さい。落としたら解凍します。すると縦になった展望図○○.gifがありますので、適当なペイントソフトでそれぞれ印刷して下さい。

ダウンロード→ sobovew.lzh




■九州の山展望ランキング

どの山からどのくらいの山が見えるか展望図作成ソフト「カシミール」で計算してみると、祖母山は思った以上に様々な山が見通せることがわかった。まさか見えないだろうと思っていた佐賀県の黒髪山も見える。しかし鹿児島県の山は見えにくく、屋久島・宮の浦岳も桜島も開門岳も見えない。これらはいかしかたない。さて九州ではどの山から、どのくらいの山が見えるだろうか。以下表にしてみた。それで九州主要な山と見えてほしい山を太字で掲げてみた。表の数字は距離 km です。


 \市房山祖母山雲仙九重韓国岳国見岳大崩山由布岳
福知山×××××
犬が岳×××××
英彦山×××
背振山地○170×
天山××
黒髪山×××
多良山地×
雲仙 /
三郡宝満山×××
馬見古処山×××
釈迦御前岳××
酒呑童子山×××
八方岳×××
 \市房山祖母山雲仙九重韓国岳国見岳大崩山由布岳
金峰山××××
天草××××
阿蘇山××
万年山××××
九重山 /×
由布岳× /
国東半島××××
彦岳××××
元越山××××
祖母山 /
大崩山 /
国見岳 /
市房山 /
 \市房山祖母山雲仙九重韓国岳国見岳大崩山由布岳
尾鈴山×××
鰐塚山××××
紫尾山×××
韓国岳○104× /×
高千穂峰××
開門岳×××××××
桜島××××××
高隈山×××××
甫与志岳××××××
屋久島○224×××○180×××
石鎚山○246○194×○180×○170
三本杭×××
寂地山×○192×××
恐羅漢山×○209×××

表からわかる通り市房山から石鎚山と宮の浦岳が見えることからこれが決定的となり第一位となりました。祖母山は二番目です。
 1位…市房山
 2位…祖母山
 3位…雲仙平成新山



■山岳展望図作成ソフト カシミール

このカシミールと数値地図を使ってリアルに見ることが出来るたいへんすばらしいものです。詳しくはNIFTY/FYAMAPフォーラムを見て下さい。

○国土地理院の数値地図が必要です。
数値地図の50m(標高)は日本を3分割して刊行される。 九州は数値地図50m(標高) 日本 III \7,500です。

その他リンク
国土地理院
祖母山 傾山 障子岩 地図上をカーソルをあてるとその点の緯度や経度が示されます。


 INDEX→
.