Shirakami  Rod     since 2002           
 ホーム      
「フライマンが作るフライマンのためのロッド」
「軽量、今までのバンブーロッドの常識を覆す軽快感 、とにかく軽い」
「日本のフィールドにマッチしたテーパーデザイン」
「飾りではない実用的ロッド」
「優れたコストパフォーマンス」  準オーダーで50,000円以下の価格設定
フライロッド
ルアーロッド


長さは6’〜8’6”までの間で自由に設定可能

@〜F:番号順に スロー 〜 ファストアクション

※最長2ピース9’4”まで製作可能


C:ワン&ハーフ   (バットを8”〜10”カットし、重量バランスとアクション性能を向上)
L:バット中空構造  (重量の軽減とバットの反発スピードを向上)
H:ハード仕様    (ライン負荷を2〜3ヤード増やしたテーパーデザイン)

例   MM743HCL : 7’4”  ワン&ハーフ  ハード仕様  バット中空

その他の付加記号

8’6”#7ロッド、8’6”#6ロッド、9’#5ロッド、9’6”−3P#5ロッド等の通常のビルダーは製作しないようなロッドのオーダーに対応し、数多くのデータを蓄積しています。

ホーム
名   称 特               徴
@ SS 低番手(#2)専用テーパーを採用した、いわゆる「岩井」アクションのロッド
A TS ショートロッド(7’未満)用のテーパーを採用した、ティップセクションに特徴を持たせたロッド
 
B TF
C MS Shirakami Rod の中心的テーパーデザインでキャスト性能とフッキング後の釣り心地の両立を目指したロッド
D MM
E MF
F MT 高番手(#5以上)用のテーパーで、キャスト性能を重視したロッド
基本アクション

Shirakami Rodの特徴