清華茶荘のホームページにようこそ

 

 

 
中国茶をいれる際、「こうでなくちゃいけない」といったものはありません。
手近な茶器(ご家庭にあるティーポットなど)で気軽にいれるのもよいですし、良い茶葉が手に入ったら本格的にいれてみるのもよいでしょう。
ここでは、よく使う茶器と、その茶器を使った何通りかの入れ方をご紹介しましょう。
 ――よく使う茶器――
茶壺(ちゃふう)

急須と同じ役割のものです。形もさまざま
茶海(ちゃかい)

茶壺のお茶をこの中に移して、濃さを均一にします
聞香杯(もんこうはい)

青茶の香りを楽しむのに使います
茶杯(ちゃはい)

飲用杯(いんようはい)とも言います
これでお茶をいただきます
蓋碗(がいわん)

蓋付きの湯呑みです
茶壺代わりにも用います
マグカップ

茶こしと蓋のついているタイプのものは、
一人用に便利です
 

 ――お茶のいれ方――
1.茶壺を使ったいれ方

①茶壺にお湯を注ぎ温めます
茶壺のお湯は茶海、茶杯にも移し、
それぞれを温めます

②茶壺に茶葉を入れます
③茶壺にお湯を注ぎます
④茶壺にお湯をかけ、お茶が出やすいようにします
 (多少、遊び的要素もあります)
⑤蒸らします
⑥茶壺のお茶を茶海に移します
⑦茶海のお茶を茶杯に注ぎ、いただきます

 2.聞香杯の使い方
聞香杯は、青茶の香りを楽しむために使います。
深い聞香杯の中に残る香りが、時間とともに微妙に変化していきます。とってもいいにおい。
聞香杯がない時は、茶壺の蓋の裏や、空になった茶海に残る香りを楽しみます。
①茶海のお茶を聞香杯に多めに入れます
②しばらくしたら、聞香杯のお茶を茶杯に移します
③聞香杯の中に残る香りを楽しみます

 3.蓋碗を使ったいれ方
①温めた蓋碗に茶葉を入れます
②蓋碗にお湯を注ぎます
③蓋をし、蒸らします
④蓋を少しずらし、茶葉が口に入らないようにしながら、お茶をいただきます

 4.マグカップを使ったいれ方
   (茶漉しつきのケース)
①温めたマグカップに茶葉を入れます
②マグカップにお湯を注ぎます
③蓋をして、蒸らします
④蓋を取って、茶漉しを蓋にのせ、
 お茶をいただきます