Tel:088-633-4182受付:9:20~12:00 14:00~18:00 休診日・木曜日

 食物遅延アレルギー検査 

「便秘、肌荒れが続いてる」「イライラや不安が強い」「頭痛やめまいがするが病院で何ともないと言われた」等々、理由がわからないけれど何となく体調が悪い。こういった症状が実は食べ物が原因で起こっている場合があります。
一般的に食物アレルギーとして知られているのは、IgE抗体による「即時型」の食物アレルギーで、食べ物を摂取した直後(通常30分以内)に皮膚症状(かゆみや蕁麻疹など)や呼吸器症状(喘鳴、咳など)、消化器症状(腹痛、下痢、嘔吐など)などを認めます。そして、場合によっては喉頭浮腫による窒息など命に関わることもあります。
一方、最近注目されているのは、「遅延型」の食物アレルギーです。このタイプのアレルギー反応は、IgGIgA免疫複合体が関与し、食べ物を摂取してから数時間~数日後に症状が現れます。
 頭痛、めまいなどの頭部症状から、抑うつ状態、睡眠障害、自閉症などの精神・神経症状、慢性便秘・下痢などの消化器症状、にきび、アトピー性皮膚炎などの皮膚症状、喘息、アレルギー性鼻炎などの呼吸器症状まで体内のあらゆる部位・器官で発症します。その他にも以下の様な様々な症状が起こりえます。
遅延型」は「即時型」ほど重篤な症状になることは少ないですが、症状の発現が遅いため症状と原因食物との関係がわかりにくく、原因が食物にあると認識することが困難です。そのため、原因がわからないまま何年も症状に苦しんでいる人が沢山います。
また、「遅延型」アレルギーは、好物でいつも食べているなど摂取頻度が高いものでアレルギー症状がでることが多く、中止して初めて体調が良くなっていることに気づくことも多いです。
さむらデンタルクリニックでは、上記症状の原因となりやすい 96品目の食物について遅延型食物アレルギー検査を行っています。

起こりうる症状

以下、遅延型の食物アレルギーによって起こりうる症状の例です。

◆頭頸部症状 ◆胸部症状
頭痛、めまい、慢性中耳炎、慢性副鼻腔炎、慢性鼻炎、口内炎など 喘息、動悸、不整脈、胸痛など
◆腹部症状 ◆泌尿器症状
便秘、下痢、腹痛、消化不良、腹部膨満、嘔気、嘔吐、過敏性腸症候群など 頻尿、尿意切迫、夜尿症(小児)など
◆精神・神経症状 ◆皮膚症状
極端な感情の起伏、不安・焦燥感、抑うつ気分、睡眠障害、集中力低下、活動過多と不機嫌(小児)など にきび、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、発汗過多など
◆筋肉・関節症状 ◆その他全身症状
筋肉痛、関節痛、関節炎など むくみ、体重増加、血圧異常、慢性疲労、倦怠感など

検査項目

以下、検査対象となる96品目の食物リストです。

◆肉類 ◆乳製品
牛、鶏、鶏卵(卵黄)、鶏卵(卵白)、ラム、豚 カゼイン、チェダーチーズ、カッテージチーズ、牛乳、ホエイ(乳清)、ヨーグルト
◆ナッツ・穀類 ◆フルーツ
アーモンド、あずき、玄米、カシューナッツ、蕎麦、トウモロコシ、小麦グルテン、キドニー豆、緑豆(マング・ビーンズ)、オートムギ、ピーナッツ、ピスタチオ、白米、ライムギ、ゴマ、大豆、クルミ、全粒小麦、さやいんげん リンゴ、アボカド、バナナ、網メロン、チェリー、ココナッツ、赤ブドウ、グレープフルーツ、キウイ、レモン、マンゴー、オレンジ、パパイヤ、モモ、パイナップル、いちご、スイカ
◆野菜 ◆シーフード
筍、もやし、ニガウリ、ブロッコリー、キャベツ、にんじん、カリフラワー、セロリ、きゅうり、ナス、ニンニク、ピーマン、昆布、リーキ、レタス、マッシュルーム、オリーブ(黒)、タマネギ、かぼちゃ、ほうれん草、さつまいも、トマト、じゃがいも あわび、ハマグリ、タラ、カニ、イカ、牡蠣、レッドスナッパー、サーモン、スズキ、エビ、マグロ、ホタテ貝
◆スパイス ◆その他
カレーパウダー、しょうが、マスタード、黒胡椒、チリ、バニラ 製パン用イースト、醸造用イースト、カカオ、コーヒー、蜂蜜、さとうきび、緑茶
注意 IgG抗体の検査だけでアレルギーときめつけることはできません。ひとつの目安です。

院長 佐村克利

わたしたちは、今までの「怖い」「痛い」という歯科のイメージを変えていただけるよう、スタッフ全員が常に明るく、元気いっぱいに皆さんをお迎えしています。「通いやすい歯医者」になることで、皆さんのお口のケアをもっとしっかりしていきたい。そんな気持ちでスタッフ一同がんばっております

スタッフ

↑ PAGE TOP