ホーム お知らせ 例会予定 掲示板
    
 
 

嵯峨野メンバーが第2の趣味として始めた切り絵です。

フォークダンスやヨーロッパの風景、ダンスの動きや生活感のある作品をテーマとしています。

順次、作品を掲載します。  どうぞお楽しみください。

 

今回はポーランドのクヤビー地方の衣装で既婚者の女性はケープの付いた衣装を着ます。

赤いネックレスは昔、本物の赤サンゴで、サンゴの採れない東欧ではとても高価な貴重品

として、母から娘へ、姑から嫁へと受け継がれたとおもいます。

 
 
 

「ネズミのポスト」というテーマで昨年旅行して滞在したペンションがモデルです。
ポーランド南部山岳地帯
で日本女性が苦労して開墾から始められたペンションでした。

 
 

ブルガリアのトラキア地方のスプーンダンスです。
この地方
は頭飾りがゴージャスで色とりどりの花や羽やリボンで盛り付けます。
木製のスプーンを
カスタネットの様に鳴らしながら踊ります。

 
 
 
 この夏に訪れたポーランドのザリピエ村で見たコウノトリと花のペイントです。
ザリピエ村は外壁や室内に花模様のペイントを家人が自分たちで施します。真冬でもこの村は可愛い花に包まれて過ごします。 
 
 
 

これもポーランドツアーの時、シロンスク舞踊団にプレゼントした作品です。

熨斗柄という留袖によく使われるおめでたい柄をあしらいました。
幾久しく友好が結ばれますように
という願いを込めました。

 
 
 

先月ポーランド旅行中、マゾフシェ舞踊団に表敬訪問した際に、クラコからの贈答品として進呈した作品です。

微力ながら国際交流のお役に立てて嬉しかったです。

 
 

令和元年にちなんで、和風の切り絵です。

万葉の模様である「辻が花」をバックに致しました。

 
 
 
結婚式のウェルカムボード !  お幸せに💛 
 
 

ポーランド東北地方のヤノフ村の手織物をテーマにしました。
ベラルーシに近いこの村は伝統的な織物の
村でしたが後継者不足で今では7人しか居られないそうです。 

 
 
 ルーマニアのカロタセグ地方の衣装です。
この地方は伝統的な刺繍の宝庫で、エプロンには贅沢な
ビーズやスパンコール、刺繍テープがギッシリです。
農村の素朴な風景に
,,この衣装は村に彩りを添えています!
 
 

今回はスエーデンのコスチュームにしてみました。
女性は斜め掛けのポシェット、男性はひざ下丈
のズボンにハイソックスがよく見受けられます。

 
 
 

ポーランドのショット・マジャールを踊る衣装で、男性の上着は袖を通さず鎖で留めてマントのようにはおります。

クジャクはポーランドのシンボルとして大切にされています。
クリスマスの
イメージで背景を黒にしました。

 
 

今回は収穫の秋にふさわしいテーマで、フランスのアルザスのワイナリー看板を参考にデザインしました。
この町では職業が分かる看板を掲げているそうです。

 
 
 

テーマは「窓辺の君」。マケドニアの「ベクリチェ ルド ムラド」の歌詞に

「貴方はどうしていつも窓辺にいるの?私の父は家も財産も無いあなたに決して結婚を許さないわ」
彼は「僕は何も持って無いけれど君を思う気持ちは世界一さ!」
という場面を創造してみました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今月の作品
これまでの作品