測定する。

室内環境を測定する。

<アクティブ方式>

○. 30分測定 
○. 測定物質  6物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、
スチレン、パラジクロオベンゼン)
○. 採取手順
通風 密閉 採取 分析
30分 5時間 30分 分析法による
※サンプリング(採取)作業は全て当社にて実施。

<パッシブ方式>

○. 24時間測定 
○. 測定物質 6物質(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン、パラジクロオベンゼン)
○. 採取手順

通風

密閉 採取 分析
30分 5時間 24時間 分析法による

環境測定業務

1: 水質調査 <環境保全、公害防止などに関する水質調査、各種水質分析>
2: 大気調査 <排ガス測定、ばい煙測定、アスベスト測定>
3:. 騒音調査 <環境騒音、交通騒音測定>
4:. 振動調査 <環境、交通振動測定>
5:. 土壌調査 <土壌分析>
6:. ビル管理法に伴う調査、測定 <水質検査、空気環境測定>

平成8年に測定業務を開始。平成21年3月までの測定実施件数は500件以上。

測定の義務付け・通達

経済産業省 ホルムアルデヒド・VOCの測定法がJIS化されます。国土交通省 公営住宅の測定でホルムアルデヒドは必須、トルエンなどVOCは選択と決定し、各機関に通達されました。文部科学省 平成14年4月1日より学校教室施設(公私とも)ホルムアルデヒド・VOC測定の義務化が通達されました。厚生労働省 13化学物質の指針値が決定されました。

測定の実施例

  

 アクティブ方式 (左)          パッシブ方式 (右)

大掛かりではなく、手軽にホルムアルデヒドの減少が期待できる当社の
ホルムアルデヒド吸着剤もございます。