青森バプテスト教会  Aomori Baptist Church
付属 王恵幼稚園        w/ OK! Kindergarten


 

教会から聞こえるオルガンと讃美歌。聖書のおはなしとお祈りが、聞こえます。

王恵幼稚園は、キリスト教会の幼稚園です。聖書が教えるイエス・キリストの愛に根ざして、神さまの愛と祈りをもって、こどもたち一人ひとり個性を大切にします。一人ひとりは神さまの大切な作品です。聖書のお話や、讃美歌、お祈りを通して、神に愛されていることを知って、人を愛する人へと成長します。

1.教会では聖書を読みます。

 

 青森バプテスト教会は、世界のベストセラー“聖書”を信じるプロテスタントの教会です。

 

 聖書の教えと、キリスト教における【愛】に基づき、幼児一人ひとりを人格として尊び、“神に愛されていることを喜び、神を愛し、人々を隣人として愛していく心を養う”ことを目標に保育しています。

 
 

2.教会では礼拝(れいはい)をします。

 

 教会では日曜日に、みんなで集まって礼拝をします。礼拝とは、わたしたちを愛してくださっている神さまに感謝をささげるところです。

 

 礼拝では、聖書のお話を聞いたり、讃美歌を歌ったりします。聖書のお話を聞いて、神さまに喜ばれる清い心を保ちます。賛美は、神さまを”ほめたたえる”ことです。

 

3.教会ではお祈りをします。

 

 お祈りは神さまにささげます。イエス・キリストは「だれでも、わたしの名前によって願うものは、何でもかなえてあげよう」とおっしゃいました。ですから、イエスさまのお名前でお祈りをして、心の中にある心配ごとや悲しみもすべて神さまにゆだねて助けていただきます。

 

 お祈りで罪を神さまに、こくはくします。聖書には「だれでも、自分の罪を言いあらわすなら、神はしんじつで正しいお方ですから、その罪をゆるして、すべての悪から清めてくださいます」と約束しています。

 

 

 

4.親子礼拝(おやこれいはい)

 

 王恵っ子は毎日、礼拝をささげます。毎週木曜日には教会の礼拝堂で礼拝をささげます。讃美をし、聖書のお話を聞いて、お祈りをし、神さまと自分に静かに向き合う時間を持つことで、こころが豊かに養われます。

 

 月に一回の親子礼拝がもたれます。その日は親子で教会の日曜礼拝に参加して、日頃こどもたちが神さまに捧げている礼拝を親子で体験できます。聖書のお話も、讃美歌も、子ども向けのやさしい内容になっていますが、お父さんやお母さんにとっても、とてもなぐさめとはげましになることでしょう。親子でのご来会をお待ちしています。

 
 

 親子礼拝が終わると、プレイルームで子どもプログラムの「ジョイ・キッズ」があります。楽しいゲーム遊びやおやつタイムがあります。王恵幼稚園を卒園した小学生のお兄さんやお姉さんと一緒に仲良しになります。

 

5.かしの木カフェ

 

 園児の保護者で集まり、カフェタイムをします。リラックスしながら、子育てについて、いろいろおしゃべりして、ゆっくり分かち合います。

 

 子どもたちが幼稚園で歌っている讃美歌などを歌ったり、聖書やお祈りのお話を聞きながら、心やすらぐひとときを一緒に過ごします。

 
 

 教会の牧師先生も参加しますので、日頃、信仰について聖書について思っている疑問や質問を聞けるよい機会です。

6.約60年、地域に根ざした保育。

 

 青森バプテスト教会は、1954年に宣教がはじまってから約60年。

 

 青森バプテスト教会では聖書が教えるイエス・キリストの愛に根ざした保育を通して地域に仕えて来ました。

 

 1958年に王恵幼稚園が開園して以来、アメリカ南部バプテストの宣教師たちの協力により、国際的な交流が園児たちと成されてきました。