脳外傷とは

脳は、生命維持、運動と知覚、学習思考や創作など、人間の様々な活動をつかさどって います。
したがって大切な脳は、頑丈な頭蓋骨で守られています。
しかし交通事故などで 頭部に激しい衝撃を受けると、脳組織に損傷がおよぶことがあります。

脳組織の損傷状況 から、医学的にはびまん性脳軸索損傷、脳挫傷、頭蓋内出血などと診断され、これらを総称 して脳外傷と言います。

脳外傷の結果、運動麻痺、失語症、複視、言語障害、意欲障害、性格変化、情緒障害など、 さまざまな障害が発生します。その内容や程度はさまざまであり、外見から障害の残って いることが分からない場合も少なくありません。

脳外傷は、決して稀な出来事ではなく、私たちの身近なところで発生し、その後遺症に 悩む本人や家族の方たちは大勢いるのです。

高次脳機能障害とは

脳外傷の結果、さまざまな症状が起こることを述べました。それらの後遺症の中でも、 社会参加を拒む大きな要因に高次脳機能障害があります。

たとえば直前のことも覚えていられない記憶障害、集中力や意欲の障害、周囲の状況に的確に対応できず誤りを修正できないなどの問題は、高次脳機能障害によると考えられます。

一方、脳外傷後に起きやすい衝動性や情緒不安定性、抑制が利かないこと、あるいは幼児的言動などは、人間関係の維持や社会への適応を拒む要因となります。

このような後遺症の結果、社会参加が困難となった脳外傷(児)者とその家族の人々 は、社会から孤立し生活への不安を高めるなど共通の悩みを抱えているのではないでしょうか。

現在の障害者福祉施策は、障害を身体障害、知的障害、精神障害という3つに分けて 実施されています。しかし、脳外傷(児)者の場合には、画一的な障害分類による施策は 適切ではなく、しかもどの分野からの支援も受けられない脳外傷(児)者もいます。

経済的 な面での適切な障害者認定基準や、福祉的な支援システム、それにリハビリテーション援助技法が確立されていないために、脳外傷(児)者を取り巻く社会的な環境は、社会の理解 を含めて心細い状況にあります。