平成16年9月11日(土) 4:15〜6:30 大草山 

曇 穏やか 中潮 村櫛港 満潮5:06(5:40頃)

マダカ57cm×1、
カマハゼ15cm×1
電気ウキ仕掛け×1、ブッコミ仕掛け×2 青蛇虫
先週は小型船舶免許1級5t限定の試験があり、一応勉強してみたりした。
今秋には免許改正があり、取得できれば自動的に1級小型船舶へ繰り上げになるそうです。
今年はサヨリが良さそうだし、そろそろハゼも良いのではと思い大草山へ。
運が良ければキビレや、セイゴもと密かに期待。
夜中に雨が降り、行く気がやや萎えたが何とか起きて出発。
既に雨は止んでいた。
「あけぼの」さんの自販機で太め青蛇虫を購入。
久しぶりの大草山の海岸はポイントに行くまで、長靴に水が入りそうになるくらい潮が高かった。
とりあえず2本ブッコンでおいて、電気ウキを準備する。
一流し目に頻繁にアタが載らない。
湾からでる方向に流れが良い具合にある。(明るくなると雨の影響かだいぶ濁りがあった。)
二流し目はアタリが判らなかったが餌は半分食われている。
これは小セイゴの仕業だと思い込んでいた三流し目。
ウキが沈んで浮いてこず、そのうち竿にテンションがかかったので合わせると載った。
しかも手応えは小セイゴではなさそう。
巻いてくると下に引くので鯛かなと思ったが、跳ねた。
二度、三度と跳ねられ、下へもかなり引く、2号ハリスを切られないように慎重にやりとりする。
なんとか玉網に収めてホッとする。
今度は自己BEST更新しただろうと、測ってみると57cmだった。
その後はアタリなく、カマハゼを追加して明るくなった。
すでに大満足なので、サヨリはやらず納竿とした。
帰りに黒埼岩で4人ほど人影あったので、行ってみると20cmほどのサヨリがそこそこ上がっていた。

14:15〜16:15 舘山寺〜庄内 自転車道路

晴れ やや南風 中潮 村櫛港 干潮12:13(?頃)
マメノハ5〜12cm×10 サヨリ仕掛け アミエビブロック
先々週内山海岸のやや北(自転車道路)でサヨリがボチボチ上がっていたので、実家に行ったついでに自転車で出かけてみた。
まずは舘山寺サンビーチの少し南側でやってみる。
アサリ掘りをしている人はいるが、釣り人はいない。
鶏冠岩のあたりに人影が見え、船も2艘ほど出ている。
仕掛けを投げてすぐアタルがマメノハ(コトヒキの子供)
マメノハの入れ食いなので、もう少し南下してみる。
下水処理場のところで一人釣り人がおり、兆度サヨリをあげたので、やってみる。
しかし、ここもマメノハの入れ食いで、そのサヨリは初めてきたものだと言う。
先週は2,30匹ここで上がったそうだが、今日は潮が引きすぎているのか、サヨリがなかなか釣れない。
更に南下し、先々週のポイントには、10人ほど釣り人がいた。
ここではマメノハはそれほど来ない。
時折アタルがなかなか釣れない。
大きめのアミカゴでやっていたので、瞬く間にコマセがなくなって納竿。
他の人も少しはサヨリを上げていたようだが、やはりマメノハの確立のほうが断然多いようだった。