長崎 旬のもの

うまい地のものを旬に食し,酒を頂く。悦楽の時を過ごすための小マニュアル。
季節感がなくならんとする現代において,あえて旬を問う。

旬の食い物
1月 寒ブリ
2月 イシダイ
3月 あさり貝
ヒラスズキ(高級魚)
メバル
アワビ
サザエ
タチウオ……小ぶりの干がうまい時期(魚男)
4月 ウドツワダラノメゼンマイフキノトウフキツワ、などの山菜(上旬)
タケノコ
タイ
もずく……大村湾では冬
新じゃが
新たまねぎ
5月 ワタリガニ……この時期,卵あり,有明海にて(魚男)
トビウオ……刺身で喰らう(魚男)
ウニ……近海物がうまい(魚男)
6月 アユ
ヤマメ
イシダイ
クロ……この時期のものをツユグロと呼ぶ。刺身で喰う(魚男)
アナゴ
イサキ
ミズイカ
タチウオ……〜7月
キス……〜8月,定番はてんぷら・フライなのですが私は個人的に開きにして背骨を取った塩焼きです。上品な白身だけを食べる贅沢。冷えても旨いので弁当のおかずにも最高です。取った背骨は「骨せんべい」です。身よりも好きという人もいます。刺身と胡瓜にレモンの汁をかけて食べるのもいいですね(じだらく)
沢ガニ……〜8月。唐揚げで。そのまま揚げると暴れて足がばらばらになるので酒にしばらく浸けてから揚げるときれいに揚がると焼鳥屋のご主人が教えてくれました(じだらく)
新茶
ビワ
アスパラガス……東彼杵で作っているらしい。塩茹で・てんぷら(大閑道人)。平戸のものが美味いとか。ハウステンボス・ホテルヨーロッパの上柿元料理長が話しておりました(あめふらし)
7月 マルスズキ
穴ジャコ……この時期卵あり(魚男)
シャッパ……この時期卵あり(魚男)
タチウオ
キス
沢ガニ
8月 アユ……下旬〜9月上旬
キス
沢ガニ
9月 ヒラメ……平戸は全国で天然物の(ひらめ)の水揚げ日本一。生月の魚市場では生きたヒラメが格安の600グラム1500円でした。但し1キロを超えると市場価値がでて値段は跳ね上がります(フルーツトマト)
サンマ
イイダコ……下旬
ウナギ……下旬〜10月上旬,脂がのってうまい(魚男)
茹でピーナッツ……大村名物
アユ……〜9月上旬
10月 カレイ
舌ビラメ
ウナギ……10月上旬
11月 ボラ……外海でとれたものを洗いで(魚男)
スマカツオ
アラ
クエ
モクズガニ……別名つがに(長崎では「つーがに」と伸ばすみたいですけど)。四万十川あたりで川の漁師さんが獲っているかにですよね。うちの近所の川にも手長エビとともに生息しています(じだらく)
自然薯……私の山で採れます。ツタにできる小粒のムカゴも,炊き込みご飯でうまい(まつを)
12月 ……12月猟解禁
コイ
ブリ
ナマコ……大村湾のものは柔らかくうまい
殻付き牡蠣……深皿に並べてレモンを降りラップをかけ電子レンジでチン(大閑道人)


長崎県のさかな