とも也

うどん屋で呑む



告白しよう。
実は、私は蕎麦よりも、うどんがすきだ。
意を決して書いた。
このことを書くには勇気がいった。
スノッブ、とかね。

でも、どうしてこうなったのかと思う。
なんでだ?
東京に首都があるからか?
考えてみればいい。
蕎麦よりも、うどんの原材料小麦の方が、
豊かな土地に採れる。
なのに、「申し訳ありません」といった感じで、
うどん好きを告白しなきゃいけない状況は何かがおかしい。
まるで1960年代に、マルクスよりもフロイトの方に興味がある
と述べる時のように多くの言葉を重ねなければならない状況。
例えば、粋という虚飾まみれの言葉ごときに騙されて。
例えば、ゲージの鶏よろしくメディアの言いなりに流されて。
蕎麦が嫌いというわけではない。
けれど、うどんの方が好きだ。
う~、すっきりした。
カミングアウトだ。


で、書こう。
長崎に「とも也」といううどん屋がある。
私たちは、ここをもっぱら飲み屋として利用している。
うどん屋で、酒を飲む。
酒ったって焼酎だ。
この店にAセットというやつがある。
ビール1本、おでん2本、小鉢、サバ寿司、うどん。
締めて千百円也。これにキープした焼酎を喰らう。
店内のBGMはジャズだ。


初めてこの店に出会った時、
私は他の店で飲んでる友人を誘ってもう一度ここに来た。
すごくいい店を見つけたから来い、と。
それくらいうまい。
何がか?
第一にうどんだ。
友人を誘った時のセリフも、
「これで四国に行かなくてもいい」だった。
それくらいうまい。

壁に次のように貼ってある。
「湯がいて10分以上経ったうどんは差し上げますので申し出てください」
主人は、
「いやあカトキチの冷凍うどんよりうまく打つのは至難の業です」
と言う。
良心的だ。
そう言う意味でのこの店に興味津々である。
良心的人でも、惰性の中で持ち崩れていくのか。
人間はいかにして腐れていくのか。
この店は今、まだ開店時の志を忘れていない。
でも、こんな人でも、時に流され、ポリシーを薄め、
そして埋没していくのだろうかと?

がんばれ、とも也。
地味だけれども素晴らしく良心的な店だ。

 

 

Plofile まつを

長崎市で通勤生活に身を窶しています。人生を楽しむ。仕事を楽しむ。人に役立つことを楽しむ。座右の銘は荘子の「逍遙遊」。
「よくこんな事をする時間がありますね」とおたずねになる方がいらっしゃいます。こう考えていただければ幸いです。パチンコ好きは「今日は疲れたから、パチンコはやめ」とは思わないもの。寸暇を惜しんでパチンコ玉を回します。テレビ好きも、疲れているときこそテレビをつけるもの。ここにアップしたものは、私が疲れたときテレビのスイッチを押すように作っていったコンテンツです。↓は私の作品たち。