身内の店でもなく、金ももらっていない。本音の安くうまい店だ。
きちんとした店はうまくて当然。長崎の食の歴史は深い。天領の和文化が咲き誇り、中華料理は華人の歴史があり、西洋料理は出島を拠点に全国に広がった。これをもって和華蘭という。それなりの店はうまい。だから記していない。
ここでは「おお、ここにこんなものが」と驚きを持って食されるものをご紹介する。価格や住所は別サイトで検索のこと。
なお、デカ盛り情報はこちら(クリック)。地元人が愛する飲み屋情報はこちら(クリック)広く長崎情報はこちら(クリック)


●永楽苑のシイタケ肉ソバ

これを知らなければ長崎に疎い人。トロ味のあるラーメンと考えていただけばいい。熱々をいただく。うまい。上海焼きそばもうまい。この二品のみをお勧めする。平日の昼食時は猛烈に混んでいる。日曜はたしか休みだ。土曜の昼が狙い目だ。長崎市。

●じゅん食堂の皿うどん

ここで一番うまいのはスープ春雨だと思う。しかしなぜか諸事情でなかなかありつけない。そこでスープ春雨は次に記載のきこり亭に譲る。次にうまいと思うのは皿うどんの太麺だ。TOKIOなどの芸能人色紙あり。場所はアクセスが難しい場所だ。長崎市。

●きこり亭のスープ春雨

うまいぞ〜。とんこつラーメン好きの人にはたまらない一品だ。ラーメンブームはやむことなしだが、長崎ではそれ以前にこうしたものを食っとくべきでしょう。場所はわかりにくい。出前を主としているようで、渾然とした席であるが、出てくる料理は中華街に引けをとらない。ちゃんぽんもお勧めだ。実は使っている麺が違うのだ。長崎で食に関心がある人は、瑞泰号製麺所の麺に一目置いている。この店の唐灰汁が入ったうまい麺を使っているか否かで、中華店をある程度値踏みする。ここはその中の一店だ。長崎市。

●陽龍の汁なし坦々麺

従来の坦々麺の味を遠く離れたうまさ。ピーナッツ味、ぴりりと辛い一品。はじめてたべたとき「なんだこれは」と思った。酒のつまみにもなる。飲み屋街のど真ん中にある。営業時間を確認していくこと。長崎市。

●白水楼のあんかけ肉チャーハン

B級グルメの王道的味。トロトロのあんがかかっている。「あんかけ肉」チャーハンをオーダーすること。名前をちがえると、普通っぽいチャーハンが出てきてがっかりすることになる。店内では、長崎大学の学生がマンガを読みながら料理を待っているような店だ。だから盛りもいい。常連はこのあんかけ肉チャーハンかマーボ豆腐丼を注文しているようだ。長崎市。

●イサオの日替わり定食

ラーメン一杯分の値段でこのボリューム。へたな社員食堂や学食よりも安く、うまく、品数も多く、ボリュームがある。店の前にはタクシーなど車を止めて、ドライバー達がわざわざ分かりにくい場所に食べに来ている。長崎市。

●七輪亭の塩ホルモン

カンカンに火のついた七輪がでてくる。これであぶって食う。タレなどつけない。そのまま食う。うまい。焼酎に合う。大村にもこの店の親方に当たる蛤亭というのがある。長崎市。

●夕月のカレー

これも長崎市内在住者で知らない人はいないであろう一品で掲載するか迷ったが、ま、一つ。他所で似たものに出会ったことのない長崎独特のカレー。朱色をしており、ほとんどルーに溶け込んでしまっている。

●玉屋のサンドイッチ

私のお気に入り。あま〜いマヨネーズがたっぷりぬられている。これがクセになる。一種のソウルフードと言っていいだろう。佐世保市、長崎市。


       

   長崎食べ歩きツアー
店で食べるというよりも、少しずつうまいものをつまみながら市内を食べ歩くツアー。そのコースのご紹介。挙げるフードは、鯨カツ、ぶたまん、小龍包、タピオカドリンク、ミルクセーキ、角煮まんじゅう、よりより、カステラアイス、生ジュースなど。またどこかのTV番組なんかがパクるんでしょうねぇ。
地図右上の四角をクリックすると、拡大画面で見ることができます。