湯のみ。
九州には様々な陶磁器作家がいらしゃり、その作品を普段使いにできることが嬉しいことです。
そんなみなさんのご期待とはうらはらに、わが家の湯飲みは自分がつくったものを使っています。手前が息子、奥が私がつくったものです。重く不恰好ですが愛着があって手放せません。


主人は、雲仙焼きさん、山ぼうし窯さん、大石順一さんのものを使ってきました。お酒を呑まなくなってから、日本酒用の蛇の目きき猪口を使ってお茶を飲んでいるようです。